2009年08月31日

年金問題でのデマ報道のカラクリ【民主党】


チャンネル櫻からの映像

もう一度、民主党がやってきた悪いことを見直す。
懐かしいねぇ。安倍政権時の話だからなぁ。

年金問題=民主党がイイコトいってる奴
ミスター年金 - 長妻昭をカッコイイなんて言ってる人。
メディアの鵜呑みだってよー。orz

地上波のテレビしか情報源がない人、真実はみえませんよ。現代は。

年金問題の原因である、社会保険庁解体を阻止のために努力していたのは、民主党だったことをわすれてはいけない。


posted by ザパニーズ at 10:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

民主大勝に導いた有権者

自分たちの期待し希望した政党が大勝して願いが叶ったわけだから、明日からガッツリ仕事に励んで日本をイイ方向に導いていってくださいよー。
電機連合など労働組合は、民主党を支持してきたんだから、どうぞがんばって業績を伸ばして給料ゲットしてくださいねー(^o^)。私は、民主党の社会保障に期待して受け身でいきますけどー。なんつって。
投票した有権者、後で文句いうなよ。しらねーよ。

と言ってみる。

政権交代後、次は参議院選挙だ。それまで民主党、自民党、メディアの行動がどのように観覧で来るかによって、今後の日本が決まる。参議院選挙狙いでいくぜー。

開票数をネットでみていると僅差で負けた自民党員が意外と多い。かわいそーに。
東海〜北海道は民主当選者が多い。近くの外国からの驚異を感じている地域は自民支持層が多い。

静岡選挙区から、スズキ自動車の身内が民主党ででている。
自動車関連会社は中国に進出しているので中国と宥和政策をとる政権を期待しているのは以前からいわれていたこと。中部地域は民主指示基盤だったんですねぇ。

テレビに影響されて中川昭一さん落選。有権者は、テレビに影響されすぎ。安部元首相、麻生首相は再選されていますから、そこの有権者はえらいなと。

どうでもいいが、レンホウがテレビで偉そうに話してるー。参議院当選だからいいんだけど、それが現実だという事実を受け入れられない私は、時代に逆らっていることになるんだろうな。

民主党が対象してやる気をなくした人は多いでしょ。どーデモイイ日本になれば、民主党や中国などには好都合なのはわかってるけどね。小泉政権から続く国民に思考させない戦略だからね。

沖縄県民が民主党を支持しているということは、もう沖縄なんぞ中国の属国決定でも文句いわないでね。沖縄開発庁とか廃止してほしい。北海道開発庁もいらない。

政権交代前は民主党をあからさまに支持してきたメディア。
これから、メディアが民主党を批判していたら、メディアなんぞ信用できない対象ということになる。このことを忘れてはいけない。

ところで、舛添要一さん、お疲れ様でした。民主党がマッチポンプでたきつけた年金問題やインフル問題途中ですが、おつかれさまでした。

個別の政策にとらわれて、日本全体像を描いての政策を考えられる
国民がいなくなったんだなぁ。あ、もとからそんな人、日本に居ないと米国の新聞でいってたっけ?
posted by ザパニーズ at 21:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

沖縄集団自決命令は無かった

裁判で訴えた原告の方々に謝って欲しい。
大江健三郎など集団自決命令をさけぶやつらは、渡嘉敷島に調査していない現実。

こんな嘘を書いた新聞を信じる一般人の方々。そんな日本、嫌になります。
生きていくのやめたいわ。グッジョブ・オキナワのサヨク。

日本軍に悪いことをされたと叫び、毎年数億円の援助で生きてるオキナワ地区。それを知った上で、他の地域の疲弊をかんがえろ一般人。

あー、もういきてるの嫌、こんな日本で。


http://www.youtube.com/watch?v=wWPHBBNxFbI
posted by ザパニーズ at 01:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

党首討論を生中継しない日本はおわってる

麻生・鳩山の党首討論を生中継しない日本のメディアって終わってる。
終わっている。日本終了。
何様のつもりだ、報道機関。

米国のように党首討論すべきだ!と騒いでいたくせに、結局だれも真実をみることはできない。
ニコニコ動画などでしか、みることできないのだから、ネットユーザそれも感度の高い人しか真実をしることはできない。

メディアがどのように偏向報道するかがわかる。あきれる、日本。

もういやだーーー。朝鮮メディアしね

http://www.secj.jp/manifest090812/index.htm

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7922591

ところで、麻生首相誕生する前、麻生さんが首相になったら、韓国朝鮮など五月蝿い近隣諸国との関係が崩れる、悪化すると言われてた。
だがどうだ、近隣諸国との首脳会談が福岡で開催されうまくいっている。おどろくことだ。
こういうことが評価されるべきかつ、メディアで報道されるべきであろうが、まったく報道されていない。
私も忘れていた。それが当然に感じてしまっていた。
麻生さんのインタビューで、自己の成果をアピールしていたことを聞いてハッとさせられた。

当然のことを当然に行っても誰も評価できないのが日本だ。会社でもどうような状況だ。
民主党など野党がかっこよくみえるのは、問題が発生したものにたいしての対処を行えばいいからだ。与党の政策の失敗への改善、もしくは、不作為に対する作為、これをすればいいのだから、やりやすいし評価しやすい。

会社で出世する方法とにている。わざと問題や失敗をおこさせ、それに対処することで評価される。野党のやり方が最も解りやすく成果をアピールでき出世できる。

政府などは問題を起こさない、もしくは、問題が発生する前の対処を、生業としている彼らは、評価されずらい。

posted by ザパニーズ at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

日本国内の拳銃製造所

防衛産業に関連した会社で働いたこともありますが、
拳銃を国内、それも都心でつくられていることは、拳銃マニアの間では常識だそうです。すごく勉強になります。
日本も兵器は自分たちで造らないとダメですよね。海外から高い金で仕入れていてはお金がなくなっちまいます。

ミネベア株式会社の大森工場だそうです。

でもミネベアってベアリングのトップメーカーでよく知ってたので驚きでした。世界の産業を支える技術を持っているメーカーなんですよねぇ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%99%E3%82%A2_9mm%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%8B%B3%E9%8A%83


大きな地図で見る
posted by ザパニーズ at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

自民党参議院議員・西田氏民主党小沢のおかしいところを突っ込む

2009年6月29日(月)参議院決算委員会において 西田昌司(自由民主党)氏が民主党小沢元代表の不正資金について質疑した。

しかし当然ながら、民主党の奴らは全員都合が悪いところには出てきませんので、西田氏は頭の良い質問手法を行った。 質疑という手法を使いながら、国民に対してただ小沢のおかしいところを説明したのだ。

雑誌、月刊willには刻銘に記事になっているが、読んでいない方はこのビデオをみるべきでしょう。 まぁ、 小沢はおかしいことを知っている人は今更見ることもないですが。

西田昌司氏がすごいところは、民主党のアホなヤジをまったく無視して粛々と質問=説明するところは頭がいい。これぞ日本の政治家だね。

参議院インターネット審議中継はコチラ!

民主党のヤジ「違法じゃないからいいじゃないか!」というヤジすげーなー自民党は違法でなくても、慣習によくないから辞めたのに、 民主党鳩山は、死んだ人からもらった政治資金が在るにもかかわらず、辞めない。
それが民主党。

それをまったく批判もしないテレビなどのマスメディア。すごいことですよねぇ。
報道されないからオカシクナイと考えてしまう人の多いこと。
私の知人の会社のOL達、みんな民主党がイイっていってるのは呆れますなぁ。こんど民主党が政党を奪取したら、本当に日本はダメになる。 日本を脱出したくなるかなぁーーー。

※西田氏の最後の質問の回答がとてもニヤッとする。

西田氏質疑:

財源も示さない、 民主党の党首の2代連続の政治資金のおかしいことにはフタをする民主党。野党だから許されるかもしれないが、 政権をとり与党になったらゆるされないんですよ。(国民を騙して政権をとろうとするのはおかしいね) 総選挙に向けて総理の決意をお伺いしたい。

麻生総理の回答:

財政というものは国を運営するために最も大切なものだ。

「政権交代は必ず景気後退になると存じます」

後ろで石破氏が、ガクッとするところが笑える。

posted by ザパニーズ at 15:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捕鯨の権利

衆議院議員 鶴保庸介(自由民主党)のお話 http://www.choujintairiku.com/iwc/tsuruho2009.html

アフリカの内陸国までも捕鯨賛成にしてくれている国も沢山あるとのこと。 要するにまったく捕鯨に関係ない国なんですが、日本など捕鯨国の主張を強く支援している国が多い。

その理由は至極当然で、日本人が忘れた価値観かも。↓

彼らに言わせると 「欧米的価値観を押しつけることは国際社会であってはならないことだからだ。」 哲学的な話なのだ、ということだそうです。

なるほどです。

また、グリーンランドの先住民族捕鯨が認められていない。 このことについてデンマークが認めることを主張したが、EU諸国は表面的には反対なので 苦悩しているそうです。 発言が控えめな態度だった韓国が、全面的に日本を応援してくれると言ってくれたらしい。 ノルウェー代表も日本と一緒に協力して、権利を獲得すると言われた。

ノルウェー代表の話によれば、

「オーストラリアでは内陸部でラクダが増えすぎており、 ヘリコプターで機銃掃射して虐殺している。オーストラリアが捕鯨反対と主張する立場は正しいのか。」

とのこと。オーストラリアの捕鯨反対の論拠は、クジラをすぐに安楽死させないからダメだといっているらしい。 捕鯨の話を、日本国内、特に関東地区では 「どうでもいい話」「関係ない」「時代にそぐわないから、やめれば?」という風潮が大半をしめている。深く考えたくないのも解るし、弊害もわからない。 そういう気持ちわかります。でも、自分であれこれ考えれば、捕鯨禁止がすぐにおかしいところも見えてくるはずですよ。他人が言うから辞めますっていうのでは、いまは良いけれど、将来の子供のために、この態度は良くないです。 前述の捕鯨に全く関係ない、アフリカ諸国に後押しされているくらいじゃ、日本は一等国でもないですねぇ。 って、いっても解らない人には解らないからもどかしいですねぇ。 はい、おしまい。 がんばってください。外務省や政治家の皆様!期待してます。  
posted by ザパニーズ at 15:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

新聞各紙の表現例

同じニュースを新聞各紙見比べると色々見えてきます。上記画像は以前ネットで拾った物です。 アサヒる朝日新聞、毎日新聞は、あえて真実の団体を隠そうとします。

朝日新聞、毎日新聞の表現
  • 「市民団体」
  • 「市民ら」

どんな市民かわかりません。あえて触れていません。私はどんな団体なのか、 政治的にはどういったところと関係があるのか知りたくなります。でもこれをあえて報道しないのが、上記二紙です。 別の視点で見れば、朝日新聞、毎日新聞は、どんな団体に所属していようが市民は市民だということで平等な表現にみえます。しかし、 そう思った人は騙されています。真実を平等な視点でみてません。 なぜなら、朝日・毎日の新聞社の方針に合わない行動を取る団体は、市民と表示しないからです。例えばこんな表現→右翼団体や自民党支持派、 保守系団体など。彼らは、現状を養護しようとする団体、朝日、毎日の意見と違う団体は、市民団体ではないのですね。 ここまで言っても分からない人がいるのも現実で、かなしいことなんですけれどね。

産経新聞、読売新聞は、この市民団体をこう表現しています。
  • 「過激派の中核派」
  • 「中核派」
  • 「共産党と友好関係にある「杉並の教育を考えるみんなの会」のメンバー」

です。中核派が何か知らない人は調べることもできますし、どういった政治団体と関係があるのかも分かります。 事実は事実としてキチンと報道するこの新聞はジャーナリズムとして正しく、信頼が置けます。

市民といえば、一般人と同じに捉えてしまう、私たち一般人の眼を欺く戦略を取るのが、朝日新聞、毎日新聞なんですね。 これを変えればいいジャーナリズムの新聞社になるのに残念です。

 
posted by ザパニーズ at 02:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮はタダの核爆発装置を持ってるだけだそうです

「学べる!!ニュースショー!」テレビ朝日

きっとおかしな事を教え回って居る番組なんだろうなと思い、見る気もしていなかったんですが、 思いこみで判断してはダメであると思ったので見てみました。

パネラーのご質問

  • 北朝鮮は核を保有しているのですか?

この質問に解説者の池上彰さんは、キチンと回答しません。さすがテレビです。

なんと回答されたと思いますか?こんな回答でした。スゴイです。

  • 「核爆発装置を作ったにすぎません」
  • 「核をミサイルに搭載できるほど小さく出来ていません。」

要するに、核を爆発させる技術を保有しただけで、不安は無いと言うわけです。さすが朝鮮系列のテレビ放送局。

パネラーの方々の回答も「へー、そうだったんですねぇ。」

でした。オイオイッッッ汗

このテレビをみた、私は激怒。憤慨。思考力が日本人は無くなったんですか?と。

私はこう突っ込みます。

広島・長崎の原爆=核兵器は、大きな飛行機に乗せて、日本の上空から落下させたんですよ。ミサイルなんて無かったんですよ、あの時代。 これを忘れたんですか!それに、タンカーや、工作船など、船に搭載させ、 東京湾などの港に入り爆発させるだけでも日本は大きな被害を受けます。船に搭載し入港されてしまえば防ぎようが無いのが核兵器です。
ですから、核兵器爆発装置を保有するだけで十分完成です。十分な驚異です。
逆に日本がその立場ならどうか考えてみてくださいよ。日本が核爆発装置を作っただけですと、世界に言えますか? 日本国民は核爆発装置だから大丈夫だと、日本が保有した核を肯定できますか?北朝鮮や韓国、中国は納得してくれますか?しませよね。 逆の立場で考えれば簡単なことなんですね。池上さんはしっかりとしたジャーナリストだと思っていたのですが、がっかりでした。

出演 司会:川島省吾(劇団ひとり) 解説:池上彰 パネラー:土田晃之 ゲストパネラー:瀬川瑛子、柴田理恵、カンニング竹山、 北陽、安めぐみ 八木麻紗子(テレビ朝日アナウンサー)

この方々が嫌いになりたくないですが、気持ち悪く感じました。

posted by ザパニーズ at 01:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

蒙古襲来絵詞

蒙古襲来
蒙古襲来とは、文永の役、弘安の役のことで、元寇ともいわれ、「元」国が日本を侵略した歴史である。
http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/01_all_h800.html
http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/
蒙古襲来絵詞 巻之一


(絵詞(えことば)=絵巻)
尚、元軍は、広大な国家であり、日本侵略を担当したのは殆どが現在の韓国人、北朝鮮人である。
さて、誰もが蒙古襲来の絵を歴史教科書で見て知っているが、切り取られている部分があり、本当の歴史、様子は知り得ない。


以下の絵巻をキチンとみてほしい。
下の絵図は、上の絵巻の、左側に続く絵図です。

蒙古襲来絵詞 巻之一左を見ると逃げているし、やられてる。日本は台風のお陰で勝ったわけではなく、きちんと実力でかったといってよい。
教科書では分からなかった写真。どのような印象をもつだろうか。
日本の教科書は自虐的なので、この蒙古襲来の語り口はこうだ。
  • 「日本はギリギリ勝った」
  • 「神風=台風のお陰で勝った」
である。歴史の事実を客観的に判断せず教えるのが日本の歴史教育。
この絵巻からは、これまでと全く異なる印象をうける。
  • 元軍も逃げているし、やられている。
  • 両軍とも対等に戦っていたことが垣間見れる
よく考えれば分かることですね。
中国=南宋や朝鮮半島までは全て陸続き。元寇は、すべて陸続きの敵と戦って勝利を収めてきた。日本の侵略までは。イケイケ、ドンドンで責めまくってきた。それが、一変した。
日本は海を渡った先の国。元軍とっては海を渡った初めての遠征攻撃だった。上陸前は海上=船での戦いもある。そういう戦いは強いとは言い切れない。元に対して、日本は瀬戸内海など、海での戦闘を昔から体験しており技能は上だった。なにより元寇の本体ではなく、朝鮮人の外人部隊ですし。日本側は一体となって侵略から日本を守った。

以下の絵巻。「船の元寇を倒す日本軍」
http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/e_09.html

?O?A?P???G??
また、前述の通り、元寇は、もとの高麗=朝鮮=今の韓国の奴らが嗾けた戦いとも言われている。
朝鮮人は、何千年の昔より、変わっていないことがわかる。
  • 朝鮮人は、自分達が弱いことを認めたくない。
  • やられたら、他国も(日本も)巻き添えにしたい。
  • 日本にだけは負けたくない。
こんな感じですね。日本にも侵略しようと仕掛けたのだろう。

日本人がこういうたぐいの方々をどう表現するか。
「弱虫」「卑怯者」です。一番嫌うタイプの人種です。これが朝鮮人です。
彼らには変わって欲しい。だが、このように遙か古来から同類なのだから、変われという期待する私が間違っているのかもしれませんね。

私は学校で、歴史を殆ど勉強しませんでした。興味が無かったからです。それは、表現の一貫性が無いことを小学生のころから気付いてしまったからです。
教科書の語り口に対して、なんとなく胡散臭さを感じていたからです。それが勉強する気が起きない一番の要因でした。


やはり歴史は基になる資料をキチンと分析しないと、だめですね。若い人は、歴史はそこそこに理数系をしっかり勉強すべきです。歴史などは後からコロコロ変わるし、独りで学べるからです。理数系は思考方法のため、学校で教わる方が効率的だからです。言葉を使い分けるのが学問としての歴史。

他国(米国、西欧、中国、朝鮮)の歴史上行為は、

  • 侵攻、攻撃、進出、暴殺、刺殺
日本には、マイナス的な表現をあえて使う。
  • 侵略、奇襲、侵出、襲撃、暗殺、虐殺

胡散臭すぎる。一貫性の無い学問。センチメント感の比重がある学問など信頼性に欠ける。内容を恥もなく変更していく。これが現代の歴史という学問。
テレビのコメンテーター、朝日新聞、毎日新聞などもそう。

理数系の学問なら一貫性を保とうと努力し、変更があれば謝罪する。真摯な態度がない点も、歴史という学問の信頼できない点。文学や現代のメディアの信頼性の無い、やりっぱなし、いいっぱなしに繋がっている。
歴史の事案により表現を変えるのが、歴史という学問。胡散臭い要因の一つです。

社会科や歴史の教師に日教組の先生が多いことからも、なんとなくわかりますね。

戦後のGHQによる日本を悪とする政策が未だ幅を利かせていることも知っておきましょう。
更新:2010.08.31
posted by ザパニーズ at 03:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。