2013年11月30日

androidのアプリをPCで使う方法

Android OSをつかってみたい。androidのアプリを使ってみたい。
でも、私には端末がな----い。端末が古くて、osがバージョンが古くてアプリが対応してない!
という人もいる。

そこで、PCにインストールしてみよー。
とりあえず仮想化ソフトのvmware上にandroidをインストールするのが簡単でした。
方法4ケ
[ A ] android-SDK(Androidの開発者ツールのこと)に含まれる「エミュレーター」を使う方法
[ B ] android OSをダウンロードしてLIVE CDでPCでお試し起動する方法
[ C ] android OSをダウンロードしてPCにインストールしてしまう方法
[ D ] VMware等の仮想マシンを使い、仮想化PC上にandroid OSをインストールする方法
「D」がオヌヌメ!一番簡単な気がします。
とりあえず目の前のPCでやってみたいひとは「D」
CD-R,ノートPCなど余っているPCがある方は「B,C」がいいかも。
正しいやり方は、「A」だとおもわれますが。 

※仮想化マシンソフトウェアとは、
OS上に仮想的にハードウエア=PCを作り、そのPCにOSをインストールして使うソフトウェア。
現在、企業サーバーなど様々な業務で実際に利用されている素晴らしい技術。
この仮想化マシン製品は様々あり、VMware社のVMware、マイクロソフト社のVirtual PC,hyper-vなどがある。
今回は、無償なVMware Playerを使いました。
 
■android OSダウンロードサイト
http://www.android-x86.org/download
例"Android-x86-ICS-4.0.2.iso"[200MB程度]をダウンロード。
■vmware playerダウンロードサイト
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0

リアルPCにインストールする場合
  1. androidOSを上記サイトからダウンロード
  2. CD-RにISOイメージとして書き込む
    イメージ書き込み機能はwindows7以降にあり。もしくはImgBurn等のソフトでCD-Rに書き込む。
    ※microSD/USBメモリにイメージ形式で書き込んでも良い。dskpartコマンドや専用ツールを利用
  3. androidOSを書き込んだCD-Rもしくは、USBメモリからPCを起動する
  4. 画面にしたがってインストール。Instrationを選択
    ※ダウンロードしたandroidOSはLiveCD機能があるので起動画面で
    「Live CD - Run Android-x86 without installation」を選択すると
    インストールしなくてもお試しでandroidOSを使うことができる。でも当然、設定変更を保存できないのであくまでお試し。
仮想PCにインストールする場合
  1. 仮想ソフトVMwarePlayerをインストールする
  2. 仮想マシンを作り、そこにandroidOSをインストールする

    詳しい方法はコチラのサイトが分かりやすいですー。
    windows PCにAndroid OSをインストールしてみよう!(vmware player)

    http://milksizegene.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

インストールしたらあとは通常のandroid同様に設定をしていきます。
アプリはgoogle playからダウンロードします。

欠点・注意点(当然なことだけど):

  • PCはマルチタッチが出来ないので、アプリによっては不便なところがある
  • PCは画面の回転検知センサが無いので、画面回転を検知するアプリはそういうアプリを入れて対応する必要が有ります。
    例:画面回転制御 https://play.google.com/store/apps/details?id=bong.android.androidlock
  • 仮想化ソフトの場合は、動作がにぶくなるところある(今回試したVMwareの場合)
    tool Kitをインストールすると改善するらしいですが、androidOS上でインストールするのは難しいのでやめました。
  • アプリによってはインストールできないものもある。ハードウエアを厳格にチェックしてるアプリがあるためかと思われる。
  • 文字入力はキーボードから普通に入力可能。
  • 英字キーボード配列になっている。
    [@]を入力する際は、[shift+2]となる。(googleのアカウント=gmailのアドレスを入力際などに)
  • 日本語入力するには、そういうIMEをインストールする。
    例:flick wnnなど
  • kindleが使えないのが痛い「wifiに接続してない」とダメと文句を言ってくる。wifiじゃなくlanで接続してるんだけどダメらしい。

 とりあえず以上
 
どうでもいいけど、この記事を書いてる最中に、seesaaの入力画面が3回もリフレッシュして全部消えた。それも3回も。
seesaaブログは、長い記事を書いていると、時間オーバーかしらないけど、勝手にリフレッシュするのでホントふざけてるシステム。きをつけませう。


posted by ザパニーズ at 04:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

あるディスプレイの裏設定メニュー(OSD)

あるNEC製ディスプレイの裏設定メニュー
画面右下に左から
@[INPUT]
A[MENU]
B[SELECT]
C[VOLUME←]
D[VOLUME→]
E[ソフトPOWER]
の以上6スイッチ

ソフトPOWERスイッチはその他スイッチを押してから最後にチョンと押下。
  • 調整ロック設定/解除(「調整ロック設定中」表示)
    A[MENU]+E[Power]
  • オールリセット
    A[MENU]+B[SELECT]+E[POWER]
  • Version CheckSum表示
    A[MENU]+D[VOLUME→]+E[POWER]
  • DIAG TOOL MENU「AGING TEST1/2」
    B[SELECT]+C[VOLUME←]+E[POWER]

    「AGING TEST 1/AGING TEST 2」の選択
     選択:B[SELECT]。 実行:A[MENU]
    • AGING TEST 1・・・・全画面に色表示(自動切り替え)
      <表示色順序>()色は、低輝度色
        赤→↓
          (青)→(緑)→(赤)→青→緑→赤→白→黒→↓
           ↑←←←←←青に戻る←←←←←←←←←← 

    • AGING TEST 2・・・・手動切り替え(VOLUME:切り替え)
      赤→緑→青→白→黒→グレー→左端の黒から右端の白への縦グラデーション
      この繰り返しD[VOLUME→]の切り替え。C[VOLUME←]逆切り替え


posted by ザパニーズ at 18:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

.NET Frameworkの更新失敗を直す方法

.NetFramework(どっとねっとふれーむわーく)の更新ができない。(OS:windowsXP proです)
Windows Updateの自動更新(黄色の△ビックリマーク)がでるのでアップデートしてやってるのに、失敗する。
なんども更新しろと表示が続く。
しまいには、エラーなど見たくないので、更新催促を再表示させない設定にしてしまい、セキュリティの意味がない状態に。
もうめんどう!うざい!なんやねん!
折角Microsoft updateを、しようとしてやってんのに、まったく。プンプン。
 
■一般的な対処方法
 
ネットで調べると通常以下の2つの手段がでくる。
(1)更新ファイルを個別にダウンロード
新バージョンや更新ファイルを個別にダウンロードし、自分でインストールする。(自動更新でやらない手法)
・参考URL
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/results.aspx?freetext=.Net+Framework&displaylang=ja&stype=s_basic
 
(2).NetFrameworkを削除して再トライ(インストール)
[コントロールパネル]の[プログラムの追加と削除]から、.NetFramework(エラーとなってるもの。若しくは面倒なら全て)を削除して、自動更新もしくは、(1)の手動インストールする。
参考URL
http://support.microsoft.com/kb/2161107/ja
Windows XP で .NET Framework 2.0, 3.0 または 3.5 の更新プログラムのインストールに失敗する場合に .NET Framework 2.0, 3.0 または 3.5 を削除して .NET Framework 3.5 をインストールする方法
しかし、以上のことをやっても無駄!ダメ!どないなっとんねん、エラーで無理無理。という方、私と同じです。
そういう場合は以下です

「.Net clean up tool」を使い.NetFrameworkを全てアンインストール。
その後、.NetFrameworkを再インストール。
これで上手くいきました。スッキリ!
■.Net clean up tool
http://www.onlinecomputertips.com/troubleshooting/net_cleanup.html
.NET Frameworkのバージョン毎の削除も可能。
.NET Framework 1.0 1.1 2.0 3.0 3.5 4.0など様々なバージョンに適応。 
http://www.onlinecomputertips.com/troubleshooting/dotnetfx_cleanup_tool.zip


.NET Frameworkのインストール、更新が失敗する理由(適当)

.NetFrameworkのインストール、更新のエラーは仕様とのことです(笑)
というのも、通常のプログラムは、新しいバージョンや更新ファイルを後から何も考えずにインストールすれば更新が成功しますが、
.NetFrameworkは違う仕様とのこと。
マイクロソフトの仕様によれば、.NetFrameworkだけはインストールする順序がある、とのこと。
何かのタイミングで順序が逆にインストールされると、更新に失敗などのエラーとなる仕様。
対処方法は、エラー対象となるバージョンや更新ファイルをアンインストールし、再びMicrosoftUpdateから自動更新を走らせ正しい順序でupdateさせる。とのことですが、うまくいかないっての。
そういえば、確かに私、余計なプログラムは削除しようとして、古いバージョンの.NetFramewarokを削除したりしてましたよ・・・
 
■参考URL
セキュリティ更新プログラム MS05-004 を先にインストールした場合、.NET Framework Service Pack のインストールが完了しない
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;899619
 
NET FrameworkのService Pack適用に失敗する場合の対処方法
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/dnitpro/dntech/005dnfwsptrbl/005dnfwsptrbl.html

なぜ.netが必要なのか。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/dnitpro/whatisdt01/whatisdt01_04.html

.NET Framework のインストール失敗による手動の削除
http://support.microsoft.com/kb/320112/ja

.NET Framework 1.1 または .NET Framework 1.0 用の一部のセキュリティ更新プログラムを削除すると、ファイルのバージョンが、最後に適用した Service Pack でインストールされたバージョンに戻る
http://support.microsoft.com/kb/939160/ja

.NET Framework 1.0 および .NET Framework 1.1 更新プログラム KB928366、KB929729、KB928367 のアンインストール クリーンアップ ツール
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=7a4efc33-0343-4ee4-b0c4-97bd16967a09

上級ユーザー向けの Windows レジストリ情報
http://support.microsoft.com/kb/256986
 
以上
posted by ザパニーズ at 15:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

googleがなんとFEP日本語入力ソフトを無償提供

心配です。ATOKが。
Atok支持者の私ですが、microsoftのMS-IMEがあまり頭が良くないのでATOK有利かと思っておりました。しかし、googleは変換効率を高めてくるでしょうから、使いやすいモノになるでしょう。
するとatokはどうなるのやら。
なんか心配。

でも、改善スピードが向上し無償で使えるようになるのはいいことだ。
何より、今のATOK,MS-IMEには、変換出来ない文字っていうのが存在する。
言い方がおかしかったが、自分で辞書登録しないと変換してくれない文字が存在する。
所謂、政治がらみだ!!!!!あっしが、むかつく部類です。

例えば、支那。変換で出てこないと思われます。

日本語のMS-IMEは韓国人が開発しているから、いろいろ変な言葉はでてこなかったり、間違った変換も変換できるようになっている。

代替(だいがえ)と読んでませんか。
これは代替(ダイタイ)と読むんですよ。仕事で「だいがえセクターが〜」と呼称する人が多かったけれどね。「だいがえ」なら送り仮名のエがいるでしょーって密かに思っていた。

話を戻して、
googleエライねぇ。

が、私のPCでは、インストールしても
変換サーバーの起動に失敗しました。新しい Google 日本語入力を利用するためにコンピュータを再起動してください。」とエラー表示。
まったく使えない。なんだよー、ちゃんと検証してから出せよ。
といってみたが、とりあえず使ってもらってそこから改善していくのが、
ベンチャー系web企業だったねぇ。

http://www.google.com/support/forum/p/ime/thread?tid=18adf907eb8d1d31&hl=ja
posted by ザパニーズ at 02:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

youtube動画を簡単ダウンロード

ソフトも使わずに、様々な形式に変換して簡単ダウンロードする方法。
動画の音楽部分のみ落としたいということも可能。

実はうちの子供(姪)から教えてもらった汗
高校生の間では当然の様で。やっぱりローカルコミュニティーが一番情報力がある!

ダウンロードしたいyoutubeサイトを開いたら、アドレスを書き換えるだけ。
http://www.youtube.com/watch?v=・・・・・
というアドレスを
http://www.youtubefire.com/watch?v=
にするだけ。
youbuteのうしろに、fireを入れるだけ。
このサイトを作った人は頭がイイね。天才。
利用率が高い為、遅いが、サーバ側でmp3変換などいろいろするので楽。
---------
追記
動画ダウンロードだけであれば、
http://www.sonyyoutube.com/
動画の画質を選んでダウンロードしたい場合は、keepを前に付ける。
http://www.keep-youtube.com/watch?v=
http://keep-tube.com/
posted by ザパニーズ at 18:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

メイリオ改フォントを更にキレイに表示

メイリオ改ゴシックは、キレイなフォントでお気に入り。→過去の記事

しかしWindowsXPではfontの綺麗さを存分に発揮できない。Windowsのフォントの描画性能がいまいちの為らしい。LinuxやMac上でキレイに表示されるフォントも、Windowsでは期待通りに描画してくれない。Mac基本フォントのヒラギノ、LinuxのVLフォント,IPAフォントなどをWindowsで表示させても、薄かったり、形が崩れたりなど、いまいちだ。

そんなとき、こんなソフトでフォントを滑らかにして更にキレイにうっとり。
(windows7では一部に適用可能。ウインドウのメニュー、ステータスバーなどにはGDI++が適用されない。)

GDI++
gdi++.dll は、 Windows の gdi32.dll に代わってフォントのレンダリングを行い、これまでになく美しいスクリーンフォントを実現するオープンソースのソフトウェアです。
(MSゴシックは、ブラウザやWindowsではカクカク表示ですが、PDFやflashではアンチエイリアスが掛かるので、同じフォントなのにキレイに見えます。それがレンダリングの違い。)
MSゴシックなど標準のWindowsフォントもアンチエイリアスが掛かのでキレイに描画してくれる。ブラウザで文字が読みやすくなります。フォントを変えなくても綺麗なフォント環境をてにいれられるのは感激。インストールも入らないし、いつでも有効無効にできるので簡単。明朝体もガイナックス的にキレイに表示できるのはたのしい。おためしあれ。
MSゴシックのカクカクした感じが好みの方は使わない方がいい。GDI適用文字は、ぼやけた文字に見えてしまう人もいるから。

GDI++を適用したwindowsXPは、macを超える美しいフォントとなる。macはもともと綺麗にフォントレンダリングされているが、負けてしまっている。winもmacもこの機能を標準搭載してほしいものだ。ubuntu OSがもっとも綺麗だったが、最新のiniファイルは同等の綺麗さとなっている。比較すると、この順:[windowsXP] <<<<<< [mac OS] < [windowsXP&GDI++] =< [Ubuntu]
*gdi++.dll @ wiki  Helium版
http://www18.atwiki.jp/gdiplus2/pages/46.html

このサイトに行き、左メニューの「専用アップローダ」をクリック
GDI++ Uploaderから最新ファイルgdi****.zipをダウンロード
[gdi0870.zip]he20080808をダウンロード。(ファイル名は更新されれば変わります。)
zipファイルを解凍し、gditray.exeを実行。個別ファイルのアップデートもあるのでそれもダウンロードして更新するとよい。このデフォルトgdi870zipだと、エラーがでることが何度かあった。

gditray.exeを実行。タスクトレイに[G]のアイコンが表示されるので、右クリックして「有効」を選択。簡単です。
iniフォルダを追加すれば、以下の様に複数選択可能。
右クリックして「使用中の設定」から自分の環境と感覚に適したレンダリングを選択。
最新のGDI++は、iniファイルをいじらなくても標準iniで充分綺麗です。
gdiの説明
参考:私のiniファイルはココ→GDI-ini.zip
教えて君netも参考
http://www.oshiete-kun.net/archives/2009/08/xpvista_1.html

*メイリオ改ゴシック(GDI++有効)
更にキレイにうっとり。


*メイリオ改ゴシック(GDI++無効:ノーマル描画)


*MS Pゴシックの比較
左:GDI++ON状態        右:OFF状態
MSPgothic.gif
左GDI++ONはアンチエイリアスが適用され、なめらかなフォントに。
右は、カクカクした体裁でパキッとした方が見やすい場面もありますが、ちょっとものたりません。

*明朝体もキレイ(HGP明朝B)
左:GDI++ON状態        右:OFF状態
mincho.gif
明朝体は違いが顕著にでる。右は、フォントが崩れている。


※使っていて欠点?不具合?
  • 特にないですが、H/W性能が低いと「メモ帳」で文書を編集中、スクロールと文字選択時に画面がパラパラと描画に遅延があるときがある。
  • 一部のソフトは、文字が潰れ見えなくなったり、見辛くなったりする。例:sonic stage,Stella Theater Lite
    そのソフト使用時は、GDIを一時無効にして使用している。
  • 文字の太さの区別が付きにくいことがある。標準と太文字が同じ太さに見えるフォントサイズがある?
ところで、ファミコンのコントローラは、なんと名刺入れ。2コントローラバージョンのほうがほしいかも。
http://mainichi.jp/enta/photo/news/20090908mog00m200010000c.html

Macの見やすいOsakaフォントをWinで使おうプロジェクトhttp://osakattf.hp.infoseek.co.jp/
OSKAフォント、SHARPのSH-G30フォントはここからダウンロード

ps...
最近は、linuxで使っている、VLゴシックフォント(http://dicey.org/vlgothic/)をwindowsで使っている。
GDIを使えば、MSゴシックもとてもキレイなので、MSゴシックでも満足している。

追記:2010.06.30
IPAフォントの派生版のtakaoフォントが綺麗でオススメ。
https://launchpad.net/takao-fonts
直zipリンク:http://launchpad.net/takao-fonts/003.02/003.02.01/+download/takao-fonts-ttf-003.02.01.zip

 
posted by ザパニーズ at 20:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

液晶ディスプレイ、モニタの枠の色の選び方

液晶ディスプレイ、LCD、液晶モニタ
いわゆるPC画面である。テレビにも使われる液晶。

LCDの枠の色には、大きく分けて、白と黒の2種類が販売されている。
近年は黒のLCDが多く販売されている。黒が人気らしい。がしかし!
私は、白枠が好き。部屋に置いた時に圧迫感が無いほうが断然いいから。
白と黒枠どちらがイイのか。
好みで決めていいが、こんなの選び方がある。
  • 白枠:
    圧迫感がない。部屋で使わない時もインテリアにマッチしやすい。
    会社やオフィス向け製品で白製品が多いのは、事務所の雰囲気を暗く圧迫しない為。
    膨張色のため、黒より大きく見えるというば、圧迫感は無い。部屋の壁紙が白いなら問題はないはず。
  • 黒枠:
    映像がキレイに見える効果がある。白枠より少し見易くなる。
    いわゆる、額縁効果。黒枠があると映像が引き締まって見える。
    市販されているテレビの外観が殆ど黒なのはそういう理由があるらしい。
    macのノートやデスクトップは外観色が「白」や「シルバー色」をしていますが、よく見ると、なんと画面の周りが黒で縁取られている。携帯電話も同様によく見ると黒で縁取られていることが多い。
    膨張色ではないので、小さく見えるが圧迫感はある。部屋がシックなインテリアが多い人は黒があうかも。焦げ茶のインテリア家具とかには合うかも。
映像を中心に利用する方や、黒が部屋にマッチするという方は黒を選んではどうでしょうか。もしくは、黒で縁取られているもの。
私は、使わないとき、部屋が圧迫された感じがどうしても許せないので、白っぽいのを買ってますが。映像や写真編集の時にちょっと黒が欲しいなと思う時もあります。テレビの裏側が見えるようにテレビを配置している方で、圧迫感が気になる人は白。
テレビを消している時、テレビの圧迫感が気になる人は白。そんなの気にしない人は黒。映像をじっくり楽しみたい人は黒。

NEC-LCD
↑映像を表示していないとき。白は圧迫感が無い。同型のLCDであっても、圧迫感のある黒枠。これが私が白を選ぶ理由。
しかし、映像や画像を表示すれば映像に意識がいくので、黒枠タイプは黒枠が境界線となり、くっきり締まって見える。
黒がカッコイイと思える男に、私も生まれていれば悩まなくてすむのになぁと。

といいつつ、私が外観よりも重視しているのは、液晶の視野角です。
立ったり座ったりしても、色が変わらないモノ。高くてもPCの性能よりも液晶の性能重視で選んでます。1万円高くても、LCDだけは長年使えるのでケチらないことです。10年使えますから。PCは3,4年くらいで買い替えますがLCDは長年使える。
視野角は、上下左右170°以上。仕様書に160°と書かれていても、誠実な日本の一部メーカ、NEC等では、あまり色が変わることはありません。色が薄くなる程度。韓国台湾メーカー、その他日本の安いメーカー、安い製品(シャープでも安物はダメ)は、色が反転して、画像が認識できなくなってしまいます。同じ視野角でも、見え方が大違いなので、店舗で下からのぞき込んだりして確認しましょう。

パネルでいえば、VAパネルかIPAパネルです。私は、IPAが目が疲れにくくて好き。視野角が広いし。当然ノングレアパネル。IPAは視野角が上下左右とも178°もある。安くて適度なサムスン液晶に惹かれますが、私の目には疲れやすく合わないようなのでパスです。
くっきりかっこよいテレビやモニタを欲しいのであれば、VAパネル。更に言えば、枠は黒のほうが締まって見える。液晶の表面処理はグレアタイプが更にくっきりみえてオススメ。でも天井灯などが反射して少し目が疲れるかも。
  • IPA:静止画につよい。視野角が最も広い。目が疲れにくい。じっくり文書を読んだり文書編集、写真編集するのならIPA。
  • VA:動画につよい。応答速度が速い。現在は視野角が広い。
どちらにしても、実物で判断するべき。
性能はメーカと価格に比例する。パネルメーカーは関係ない。よくテレビでシャープが良いと、かつて騒いでいたが、そんなもの幻想。
パネル毎の性能差をLSIで制御し目的に適した映像を表示させる技術力を持つメーカーを選ぶことが大切。具体的には、
  • IPA:NEC(日本電気)
    (昔からディスプレイの世界では高品位と有名なNEC。日本では余り知られていないが。NECディスプレイソリューションズは三菱のディスプレイ部門を吸収合併している。三菱製も品質が高い。)
  • VA:(株)ナナオ「EIZO」
NECもナナオも医療向けの高精細ディスプレイを製造している信頼のメーカー。韓国企業のサムスン、LGや、Benq等とは品質が全く違う。
どうでもいいが、ハローワーク窓口の端末のLCDはNEC製。視野角が広かった。
あとは余りイメージが良くないかもしれないが、米軍の無人偵察機(攻撃機)プレデターの操作(練習)用システムのLCDもNECでしたな(NHKスペシャルの映像から判明)。海外ではブラウン管時代から、モニタといえばNECでしたからその流れなのかも。
その他液晶の選び方参考→http://kakaku.com/pc/lcd-monitor/guide_0085/

PC本体と違い、LCDと人とのインターフェースは、感性のインタフェース。直感で判断していいと思う。


更新:2011.07.11

テレビでは
  • IPAパネル:東芝、Panasonicなど(全機種ではない)
  • VAパネル:SHARP、SONY、サムスンなど
でも、最近のVAパネルでも見栄えは変わらなくなってきているので、気にならなかったらそれを選んで大丈夫。
それよりもテレビの場合は、パネル以外に、
  • リモコン操作感覚
  • メニュー操作
  • テレビ番組表の見やすさ
  • チャンネルの切り替え速度
  • テレビの起動時間
    などの性能をチェックしたほうがいいかも。毎日使う操作感覚は重要です。選ぶのは難しいです、ね。
激安地デジ対応テレビのチェック項目:http://actualproof.seesaa.net/article/134541470.html
posted by ザパニーズ at 22:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCの選び方@デスクトップPCvsノートPC

デスクトップPCとノートPCを利用時の画面角度の違いからの選び方。

  • デスクトップPCのモニタ:
モニタと距離が離れる。顔と平行な角度。

  • ノートPCのモニタ
モニタと距離が近い。見下ろす感じにつかえる。
キーボードと画面が近い

以上の事から、用途の多い方を選ぶとよいかも。
(デスクトップPCとノートPCの選び方。モニタ画面の利点、特長)


■デスクトップPC
  • 映像、画像を操る時、文字でもDTPなど構成する作業に適する。
  • 映像や画像は画面から離れて全体を見渡して操作できるので疲れにくい。
  • 画面から離れて映画を見るような作業は、顔と平行に画面があったほうが疲れにくく見易い。
  • ノートPCの画面は、まだ視野角が十分でないものが多い。

■ノートPC
  • 文章や書類を読むのに適する。
  • 画面が近くなり、本を読む時に似た角度で文字を読めるため読みやすく、目が疲れにくい。
  • すこし頭が下向きになるので思考しやすい。
  • 好きな場所で好きな角度で画面を見られる。

価格、性能は別で考えると、ノートPCを購入し、映像や画像編集時は、外付けのモニタ、キーボード、マウスを接続するのをオススメ。

ノートPCはグラフィック性能が弱く、CPU性能もデスクトップに劣ることが多い。また、拡張性が低いのが欠点。使えなくなった時、液晶ディスプレイなどを再利用できないところがもったいない。デスクトップPCならば、液晶ディスプレイ、キーボード、マウス、DVDドライブなど再利用できるものが多い。CPU、メインボード、メモリ、HDDを買い換えるだけですむので、コストパフォーマンスと環境配慮に良い。

ちかごろ、東芝ノートPCのCMで、「ノートPCのほうが環境にやさしい」などといっていたが、それは間違っている。買い換え時の環境負荷を考えていない。デスクトップPCならば再利用できるものが多々ある。
また
posted by ザパニーズ at 22:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

virtual PC 2007にwindows7をインストール

今頃という感じでしょうが、
Virtual PC 2007にwindows 7 をインストールしてみた。
wideディスプレイを購入したので、画面が大きく作業しやすいからやってみたくなって。。。


windows 7の画面はキレイでいいですね。でも、ツールバーとかデカくて邪魔。
問題なく利用できます。
Aero機能は利用不可。

windows vistaって自分的にwindows Meと同じ位置づけな感じがしてる。きっとwindows 7はある程度本命で使えそう。それかwindows 7はwindows 2000と同じ位置づけになる気もしないわけではない。windows7の次が実は期待。それにしてもwindows XPってほんと長くもっているよねぇ。

話がそれました。さて

Virtual PCとは、microsoftが無償で提供している仮想PCソフトです。
市販され優秀なソフトであれば、VMwareでしょうねぇ。
このvirtual PCは無料です。

http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/virtualpc/default.mspx

1台のPCで複数OSを使い分ける手法の一つが、仮想PCです。
HDDのパーティションを分割し複数OSをインストールすれ手法もありますが、時間もHDD容量も掛かりますので、ちょっとだけ使いたい程度であれば、仮想PCの手法が有利です。

利用目的の例は、ソフト開発者が、様々なwindowsバージョンの動作確認です。windows98,Me,2000,windowsXP,windowsVISTAなど様々なOSをPCを再起動させることなく、確認できます。同じOSでもInternetExplorerもIE7,IE8、それにSP2,3など様々ですので、仮想PCソフがあると作業が楽になります。

一般の利用者にとっての利点は、怪しいソフトのインストールと動作確認、webサイトの動作確認などに利用できることです。
http://koukokutou-club.com/gyao/vpc.html
virtual PCへのインストールは簡単に何度も可能。また仮想PCを再起動後、元の常態に復元可能。


私のPCはwindows XP pro(ホストOS)を利用していますが、そこにvirtual PC 2007をインストールし、そのvirtual PC 2007上に様々なOSをインストールする仕組みです。このvirtual PCは、bios画面も操作できます。起動したらすぐに[del]キーでbios起動です。なにげにスゴイなと思います。

インストールするOSは別に用意する必要があります。しかし、すぐに試したい場合は、一番簡単な手法で、microsoftが無償で提供されているイメージファイルを指定することです。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=21eabb90-958f-4b64-b5f1-73d0a413c8ef&DisplayLang=en

http://setupwin.blog109.fc2.com/blog-entry-16.html

windows XP,vitaを試すことができます。
欠点は、英語版ということです。日本語サイトへネットする際は日本語フォントをインストール必要があります。


さて、windows 7は開発者向けにRC版が無償で提供されていたので、それをインストールしてみました。
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/download.aspx

ダウンロードされるファイルは、isoファイル=イメージファイルです。
仮想 PCを起動したら,[CD]→[ISOイメージのキャプチャ]を選択しisoファイルを指定すると、isoファイルを起動ディスクと認識し起動してくれます。その後普通にインストールできます。

■新しいバーチャルマシン作成時の注意点
始めにバーチャルマシンを新規作成するわけですが、ココで注意点。
Virtual PC コンソールにて、新規→バーチャルマシンの作成を実行しますが、
「オペレーティングシステム」の選択をその他にしないこと!
「windows Vista」を選択すること!

※理由

この設定にしておかないと、サンドデバイスを認識してくれません。音が出ません。

「その他」の設定を選択しないこと。
※私の失敗経緯

  • 上記のmicrosoftの提供されているwindows XP IE8をvirtual PCにインストール
  • そこに、windows 7を新規インストール。

    (アップデートインストールしたくても、英語版windows XPの為か不可。)
  • virtualPCの追加機能をインストールするが、サウンドデバイスを認識しないまま。とほほ〜。

※サウンド認識方法
インストール後、そのままでは音は出ませんでした。
Virutual PC 2007の追加機能をインストールします。追加機能のファイルをネットからダウンロードといった作業はまったく必要なし。

virtual PC 2007で対象となるバーチャルマシンを起動し、バーチャルマシンのウインドウで
[操作]→[バーチャルマシン追加機能のインストール/更新]を選択し、「続行」を選択し後は画面に従うだけです。
http://makoto3.cocolog-nifty.com/makoto3/2007/02/virtual_pc_2007_4ccd.html
Virutual PC 2007の追加機能
  • ドラッグ アンド ドロップ
  • フォルダ共有
  • 統合マウス
  • 最適化されたビデオ ドライバ
  • 時刻の同期
  • クリップボード共有
  • 向上したオペレーティング システム パフォーマンス
  • バーチャル マシン ウィンドウの動的なサイズ調整による、ゲスト オペレーティング システムのデスクトップ サイズの自動調整
  • Windows Vista と互換性のあるサウンド ドライバ

windows7に今利用しているソフトの動作確認に利用してます。
posted by ザパニーズ at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

LG電子LCD W2600V-PFレビュー

追記(を始めに書く人)2009.08.20
このモニタはデカイです。映画を見る時など、文句ないです。ただし、下から見上げると暗くなります。
これまでの液晶ディスプレイは枠の色が白だったので、圧迫感なかったんですが、今回は黒なので圧迫感はあります。

良い点

外観が黒なので、額縁効果というか映像が締まって見える気がします。そして、縦の解像度が1200なのでネット画面が見やすいです。首振り角度が広く、高さ調整がしやすい。
画面は、明るすぎるので、ソフトガンマなども操作して相当暗くして使用してます。
また、バックライトに少しムラがある気がまします。これはどのメーカーも同じような価格帯であれば、同じかと。
この商品の売りは、「1920*1200の解像度」と「25.5インチと大きく眼を酷使しない」という点。それを求める人は買いでしょう。

不具合

私の購入した製品で、次の状況でノイズが出てしまいました。
windowsの起動画面は640*480表示ですが、そこからログイン画面に切り替わ際に、1920*1200の解像度に切り替わりますが、その時、モニタ側が周波数が切り替わる信号をキチンと処理できないのか、ノイズが出ます。
電源OFF/ONすれば復帰します。1600以上の解像度で同様のノイズが出るようです。
PCが起動後にモニタを電源オンすればノイズでず問題ありませんが、PC作業で再起動することもあり、再起動後にノイズが出てしまいます。
PC(shuttle SG31G2)側の問題かもしれませんがねぇ。
で、結局、販売店と交換か返品を相談し、返品しちまいました。。。。
あーあ、また製品探すの面倒だなぁ。ちゃんと返品できるところで購入してよかったー。

ついに、購入しちまいました。ポイント分さしひいて約\2,600
デカイッス!25.5inch!韓国企業、それもLG電子やるねぇ。HYUNDAIと悩みましたが、hyundai=現代という先入観で嫌になったのでパス。LGにしました。LGは世界では認められている企業だからねぇ。

これまで、NEC製の15inch-XGA,17inch-SXGAのLCD2画面からの買い換えです。16:9では、SXGAと縦方向の解像度が殆ど変わらないので、16:10を選択しました。価格重視です。

ソフマップで購入。ドット抜けもなく利用しています。
DVI,RGBで利用確認しました。やはりRGBは少しぼやけます。DVIはくっきりです。段ボールが想像以上に大きいです。

LG電子は韓国の企業のなかでもある程度信頼できる企業なので購入しました。取説,HDMIケーブルは添付されていません(簡易な英語表記説明書有り)。組み立て説明書は日本語ではないので、LGサイトからダウンロードしました。

画面が相当大きくなりネットや写真処理に重宝してます。作業が楽になりました。
この品質をこの価格で手に入れられ、すばらしいと思います。
画面が大きくなってもPCの各作業は画面のある部分を注視するので、ほんの少しの色差なんてのは気になりません。
左右視野角170°ですから、他のユーザさんが酷評されるほど視野角が悪いことはありません。テレビに利用される方は離れて見ると思いますので、さらに視野角の差なんて気にならないと思いますよ。
視野角による色差をきにされるの方は影響が出にくい21インチ以下、若しくは性能のすばらしいNECやNANAOをオススメします。しかし、かっこいいapple MACのibookなんかよりも比較にならないほど性能は良いんですよねぇ。

あまり評価が良くなかったので心配していましたが、店舗で見ると十分な画質で、私の印象はacer,BenQよりも良かったです。IOdataよりも私は好きです。上下視野角160°ですが、下から見ると上が少し黒くなりますが、上からみると下が少し白っぽくなります。黒くなるのが気になる人は水平かそれより前方に傾けた方が良いんでしょうねぇ。

製造年月は2009年6月でした。16:10液晶の在庫処分かと思っていたのですが、そうではないようです。LG電子は16:10のパネルを使用したモニタも順次製造しているのかもしれませんね。

上下傾斜は首が動きますが。左右回転は、丸い台座自身が回転する構造なので、回転範囲が大きくなります。

電源ケーブル位置が取説記載とは異なります。背面から見て、支柱から少し右です。ほぼ真ん中から取り出す構造です。台座の支柱に簡易ケーブルクランプも付いています。

メニューボタンは、スイッチ式ではなく韓国の携帯でよく利用されている、タッチセンサー方式です。ボタンの凸凹が無いので、暗闇では手探りではわかりません。メニューによってはビープ音がしますので少しは暗闇で操作できます。LCDの電源ON時LG電子のロゴ出ます。ON,OFF時、音が鳴ります。昔のゲームウォッチっぽい音で哀愁漂います。私は好きなんですよね。

入力ソースの切り替えボタンの切り替えは少し遅いです。押したらすぐに切り替わるようなことはありません。たとえばDVIのみ接続状態でSOUCEボタンを押すと接続されてない入力は無視され、再びDVI画面に戻ってきます(約10秒)。
WEBニュースなど文字を読む際、色が逆に邪魔になるので、白黒やセピア表示機能が重宝してます。

ということで、RBG接続でテレビも見ていますが、この値段で手にはいると思うと、よい買い物だったと思いますよー。
posted by ザパニーズ at 04:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | PC/WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。