2008年09月09日

日本のメディアに先端のモノは入っていない

肯定的に現状をとらえれば、テレビなどなど、メディアは公共性が重要視されることもあり、視聴者が理解しやすさを結果的に重視してしまう傾向にある。分かりやすい、聞き慣れた内容、結果、人名が選ばれ報道される。従って現実世界の第一線で認められている人たちが取り上げられることは希だ。メディアで作り上げられた第一人者は多い。が、現実世界では、彼らはその師匠のような人物から指導してもらっていたりする。ようするに現実世界にはその先、さらに上手、さらにプロがいる。悲しいことだが、真のプロはメディアがとりあげないことは多い。アンダーグラウンドの世界についてはそれは顕著となる。当然といえば当然だけれど、メディアが認める美貌や美声、資金力、コネがなければ、世のメディアには取り上げられにくいもの。音楽シーンは特にそれが顕著だなと思うことが多い。それを分かって、居る人もおおいんでしょうね。
メディアなんて真実いってるわけないじゃない、と言い放てる人は多い。そういう人に出会うと、ハッとしてしまう。自分は何におびえて生きてるんだって。なにかに認められなければ存在意義を見いだせない自分がいるってことを、気づかせられ、自分がまだまだだなぁと初心に戻してくれる人たち。
そんなメディアに取り上げられようが、良い物はよく、それを信じてそれを追求しその世界で生きている彼らの生活は輝いて見える。屈託がない。なにか自分が生きている世界と違う世界があったのかと、別次元に来た感じになる。自分だけ異邦人。

これは、9/6に渋谷リズムカフェで出会った人たち。http://rhythmcafe.jp/
友人達がそこでちょっとしたクラブパーティーを開いていたので顔をだしたのだ。4,5年ぶりにあう友人達。5年前(そんなに時間たった??はやいなぁ〜)にいっしょにクラブイベントしていた仲間達。そんな彼らに久しぶりにであったのに、先月合ったかのような、違和感がまったくない。そういう友達がいるのって幸せだなぁ。

rhythmcafeは、レーベルのUNITY RECORDSが母体のカフェ。
http://www.unity-records.com/
上記した話は、このオーナーさんや店長と話した時の感想。彼らは、彼らの信じる世界をもっている。僕から見れば、ここ日本でアンダーグラウンドの文化?クラブ文化?ハウスやテクノを守っている人たちな感じがする。硬派な感じ。

http://www.unity-records.com/party/roppongi08_15/index.html
このオーナー小山さん、上記webpageでは、DR.Kとなっている方とお話したんですが、とてもすごい人でした。話していて、久しぶりに全身がゾクゾク。日本のどこかにいるんだろうなぁと思っていた人に会えた感じ。日本にこんなハウスやテクノといったクラブ文化は誰かが現地NYなどから感じてもってかえったはずで、それは誰だろうと。その一人がこの人。
この方をテレビで取り上げないのが日本のメディアですが、クラブ業界の偉人です。
1975年に渡米ですよ。なんて時代。その時代に音楽、それもアンダーグラウンド系の。ロックとかクラシック、演劇なんかならわかるけれど、クラブ系ですよ。分かって行ったわけではなく、あちら一緒にシーンを作った人なんですよね。Larry Levanと一緒に回していたってところがすごいし。分かる人には分かるすごさがあります。

このUNITYレコードが出しているミックスCDはいいですよ。おすすめっす。
SPIN:SanFrancisco jancode 4942110999538 \2,100
http://www.unity-records.com/catalog/spin_sanfrancisco/index.html
を買ったんですが、これは良い。選曲も良いし、MIXも流れもグーです。
通好みです。ハウスはmixしてなんぼです。一曲ずつのCD聞いてもつまらないです。流れを楽しまないとね。なによりこの値段\2,100は安い!実は直買い価格\1,500で購入したんですけれどね。

ハウス系は最近日本でブームです。avexさんのせいでブームで終わりそう。一曲ずつのハウスはブームで終わっちゃいますって。やはりミックスの醍醐味を日本人の多くが感じないとね。日本のオリコンにクラブ系音楽がチャートインするまでは、クラブ文化は定着しない。ハウスの醍醐味を知らずに死んでいく人は多いんだろうなぁ。(定着するなんておもってないけれど。)
簡単に楽しめるのに。ってタダの音楽バカの発言みたいでした・・・。
人それぞれですもんね。

話を戻しますが、Dr.kさんとお話して、生きることは楽しいことだということに、彼らの人となりにうなりました。私もそうでありたいなぁ。
オーナー
「こんなレコード、CDだしたりいろいろやってるんだけど、お金儲けてないんだけどねぇ。」
それを、ほんとうにうらやまし私は、
「なにをおっしゃいますかー。その音楽で楽しく生きていける、幸せなことないですよ。あこがれます。」と返すと
オーナー
「ほんとうに!?そういってくれるなんてうれしいよ。僕もそう思っているんだー。それが幸せだって。」そいうと、私とオーナーはがっちり握手を交わした。私が本当にうらやましいと子どものように目を輝かせて居たのがばれて伝わってくれたんだと思う。オーナーも子どものように今を楽しんでいる。ああいう大人になりたい。
若い世代に、音の楽しさを伝え場所を提供してくれる。そういう役を担える大人になりたいのだ。さまざまな業界でそういう偉人はいる。この業界にもそういう方がいることがうれしかった。私も、自分も楽しむけれど、人とそれを分かち合える場をつくっていきたい。


posted by ザパニーズ at 01:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MADO LOUNGE

MADO LOUNGE
http://www.ma-do.jp/
スケジュール
http://www.ma-do.jp/sc/index.html

roppongi hillsの展望台、いったことありますよね。あそこはちょくちょく行きます。学割きくから学生なら行くべき。森美術館もあって、意外と人がいなくてくつろげるところ。
この六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティービュー内にある、レストラン?ラウンジ?がMADO LOUNGE。高級そうで行ってもスルーしていたけれど、ここ夜になるとクラブイベントなぞをやってるんですねぇぇぇ。
こんな綺麗な夜景と、音に体を預けられるのなら、是非行ってみたい。
■2008.9.12.FRI 23:00-29:00 DOOR4000yen
●First transmission from : JEFF MILLS

■2008.09.20 22:00-29:00 DOOR3500yen/WF3000yen
hug inc. presents supported by GattacaJEWELS vol.1
『House of Jewels Non Stop Mix by DJ HICO』 Release Party
●Residents DJ:DJ HICO
●Special Guest DJ:TOWA TEI
これはおすすめだわー。無理にクラブでなくてもいいもんねぇ。最近そうおもう。クラブだと変なナンパとか多いし、女性もありがたいと思う。おしゃれで綺麗な場所はきもちいいです。

ところで、このMADO LOUNGEのサイト、かっこいいっすねぇ。
http://www.glamorous.co.jp/
が、手がけたみせらしいんですが、このサイトもかっこいい。ひさしぶりにゾクッとしました。
まぁ有名な森田恭通さんの会社ですしねぇ。
posted by ザパニーズ at 00:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

DAISHI DANCE"the ジブリ set"

ゴリラDAISHI DANCEのNewAlbum
"theジブリset"

(ダイシくんは、見た時、ゴリラだー!と叫んでしまった。ゴリラに似てるから。あと、ちなみに、STUDIO APARTMENTの森田くんを見た時は、「たむけんじゃん。”ちゃー”ってギャグして」って叫んだ。)

視聴はコチラ:http://www.daishidance.jp/indexs.html

売れるのを分かってて作るのっていいなぁ。このCDおれが出したかったよ。うらやましい。
こういう和物トランスやハウスは僕らが10年前からあったらいいなぁといっていたやつだった。たまに、外人アーティストが日本のアニメオタクで、ちょっとエッセンス的にナウシカを使うとかあったねぇ。でも出したら邪道だよねぇと言っていた。僕は、こういう和物トランスやハウスが出てきて欲しかったんだけど、なんかあえて手をつけない領域だったなぁ。

そして、時が経って、やった者勝ちの状態で、ついに出てきました。
うれるにきまってるやーん。ちょっと悔しい。
アイデアはあっても力や技量や「場」が無い私が騒いでも負け犬の遠吠え。
カバー曲とかそういうのが最近は大流行で、ちょっとオリジナリティが無いのがちょっとかなしいけれどね。

まー、それにしても、ジブリの曲はすばらしい。原曲が最高なもので、トランスやハウスで踊りたいっていう欲求はあったから、つくってくれてありがとうだけれど。だけどー、くやしいのは、ゴリラーダイシくんが、このCD出して、一般の方から「かれはすごい」って言われること。もうけまくってくやしいなぁ。

あーなんにも出来ない自分はアイデアあってもだめなんだよなぁ。

ダイシくんも、本望ではないんだろうけれど。こういう最近のハウスCDを聞いている若い子たちが、話していて寂しいのは、一曲ずつが良い悪いでとらえていること。(クラブにいったりしないから仕方ないんだろうけれど)ミックスで聞いて感じて、流れを感じ取るのがハウスやテクノトランスの醍醐味なんだけれど、それを分からずハウスはすごいと言っておわっているのはもったいなさすぎるなぁ。

あるサイトでみつけたUPDATA.ここ数日以内なら、全部ダウンロード可能desyo
posted by ザパニーズ at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

耳が疲れないEQ(Equalizerイコライザ)設定

耳が疲れないEQ(Equalizerイコライザ)設定
EQって、IQと比較されるEmotional Intelligence QuotientのEQとはちがうけんね。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つかれたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昼間から音楽をガンガン掛けて踊るのも最高!!!!
レイブ(最近の言葉で=野フェス)にいきてーーーー。

クラブで、耳が痛くないところと、気持ちいいところが二分される。
スピーカだけではなく、PAの腕が一番影響すると思います。
(Public Addressの略で公衆伝達。音をいじくる人)

今、家で音を聞いていて耳が痛くないけれどガンガン聞ける、音域を簡単に探った。

■気持ちよい音の為の音域調整


※ポイント:
「人間の聴力で聞きやすい音域を下げればいい」という、理論に実験の結果おちついた。

人間の耳に聞こえやすいのは、
  • 中音域:人の話し声の領域
  • 高音域:携帯電話の着信音、救急車、赤ちゃんの泣き声、女性の喘ぎ越えなど注意を引く音域
    (携帯電話がこの音域を使うのは省電力で人の注意を引くから。逆に言えば、
    音量が小さくても人が気になる音域。
    だから女性はちょっとくらい声を小さくてちょうどよいというわけ)

この音域の音量を、ある程度削れば、全体的に音を大きくしても、耳が痛くならない。
音の良いクラブはこんなことも考えてくれて居るんでは無かろうかと。
イコライザ設定はこんな感じ。
nicemusic-Equalizer.gif
曲ごとに、微調整は必要。(特に、スピーカーで音量大orヘッドフォンで聞く方むけ)

  • 6kHz:
    シャカシャカ音でうるさく感じる音域。でも、dancemusicには必要な領域だから
    少し他よりは必要。(注意:ヘッドフォンから漏れてくるシャカシャカ音とは音域が違う。12kHzくらい?)
  • 400Hz〜1000Hzあたりを高くすると、音量が大きくなるとうるさく感じる。

■音は悪くなるんじゃ?
はじめはそんな風に感じても、人の耳は簡単になれるもの。
音が小さめのとき向けではなく、音を大きく聞きたい人むけだし。
また、トランス・ハウス・テクノでは、声は余り入らないから(歌ものはすくないから)
中音域は落としても特に影響なく大丈夫。エッセンスとして中音域をdjがいじくることはあるけれど。中〜高音域と低音の気持ちよさがダンスミュージックだ。
歌物のJ−POPを聞く人は中音域を消したら、歌が聞こえなくなるだろうなぁ。

■低音の調整
  • 低音域:ドンドンなる領域
    車からブーン、ブーンもれるセンスのない低音は嫌いでしょう。
    だから気持ち悪い低音にならないように
  • 100Hzあたりの低音は低くして、
  • 200Hzの低音をあげると、しっかりキック音が体にクル。

すべのジャンルには使えないけれど、これを知っているととても役立つ。

アパート・マンション等、近隣住民への迷惑にならない音域も今回の例の音域はおすすめ。
近所迷惑となるのは、たいていが、
・話し声
・エッチの声
・音楽の音(低音)
だから。
クジラの声は高音?低音?低音だそうだ。

イルカもクジラだけれど、遠くの仲間と話すのは低音。

低音は、遠くまで伝搬しやすいから。

高音は、近くの人に届きやすい。赤ちゃんの泣く声も、女性の喘ぐ声も、高音。


人間が感じる音域を気にして調整するといいというわけ。

クラブでは、一番低い低音を気持ちよく出せるスピーカがあるけれど、
コンシューマ向けスピーカでは、100Hz台の低音はある程度カットしたほうがよい。
無理にだすと気持ち悪いビビリ音になってしまうから。


とおもうんだけどー
posted by ザパニーズ at 18:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

club-musicは流れていく、輝く方に。

ブックマークを整理していたら、半分近くがリンク切れになっていた。特にクラブ系サイト。閉店していたり、情報サイトが淘汰されてしまったから。かなしいな。
時代がやっぱり変わったんだなぁと、ちょっと寂しくなった。
マニアックラブ。青山骨董通りにあった、クラブ。世界のdjが必ず回したい場所として、海外情報誌にも掲載されていた場所。あそこの音は未だにすばらしいと思う。それをwombが肩代わりしてくれたからよかったけれど、やっぱりmaniac-loveというクラブとか、いろいろなクラブが無くなり、かわっていくのはちょっと寂しい。最近だと、西麻布のyellowが閉店。ヒデと夜中に歩き回りやっと見つけたクラブ。あこがれのクラブにいって、どきどきして重いドアを開けたのを今でも思い出す。
今は、クラブは簡単に検索できるけれど、10年前は、雑誌にも住所を掲載しないのがふつうで、それくらいアンダーグラウンドな場所だったなぁ。それがまた楽しかったんだけれど。
音楽は入れ代わっていく物だから、それは受け入れるし、その方がおもしろい。
でも、現実は商業的に成功したり、メディアとタイアップした場所だけが生き残り、それが正道となってしまう。あの時代、最低下品といわれていたサイバージャパン。クラブ情報サイトのcyberjapan。主催者のミトミコト。僕は気色悪くて嫌いだった。女をはべらかしてるやつってスキになれないタイプだから。おっぱいみせて〜って感じで、へいへい見せる女も嫌いだったんだけれどね。それが、最近では、若いこのあこがれだもんねぇ。ミトミコトのイベント?すごい有名じゃん。いきたーいって、会社の後輩の女の子がいったのを耳にして、ゾーーっとした。
悲しいけれど、知名度優位です。ちなみにミトミコトと同い年。

・マニアックラブMANIAC LOVE住所
左に見える階段を下るとそにありました。


大きな地図で見る

maniaclovemap.gif
青山通りから骨董通りに入り、はじめの交差点の細い路地を右に入る。少し行くと道路右側の階段を下りるとそこにクラブ「MANIAC LOVE」はありました。
(東京都港区南青山5丁目10-6テラアシオス表参道ビル地下1階
青山大学のすぐ近くでしたね。
posted by ザパニーズ at 20:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

5/17だ!FERRY CORSTEN来日

MAGNIFICENT F./FERRY CORSTEN
ageHa@STUDIO COAST
2008年5月17日(土)23:00-
Lコード:75701
Pコード:290-614

早割\3,500
次の早割\4,000
当日\4,500

この人の名前、よく忘れる。全部同じ人。
・FERRY CORSTEN
・Armin van Buuren
・SYSTEM F
posted by ザパニーズ at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音ダウンロード24時間

昨日の夜9時に起き、それから今まで一睡もせず起きている。危険です。
ネット中毒患者。頭はもちろんきちんと動いてないが、感性は最高にするどい。

ひさびさのクラブで筋肉痛。脇腹とかすんげーいたい。クラブ効果で、音楽の楽しさをひさびさに思いだし、音にとりつかれた24時間。ネットで音をダウンロードしまくり。視聴のために。

探せば知られていないサイト、あるんだなぁ。買わなくても、HMVに視聴しにいかなくても、とりあえず聞けるからありがたい。

トランス系、日本のキレイ目ハウスなどおとしていた。もっとはじめの走りは、昨夜テレビのperfume特集。かわゆすぎる。楽曲がだいいち最高。歌の前に楽曲、歌のはいってない音部分だけで十分踊れる。そこにノッチとかperfumeのかわいいダンスと声。すなおに、音をたのしんでいいんだなぁって、思えるようになった。こういう曲って一般の方にはなかなか受け入れてもらえなかったから、俺は変だ、変わってる、変わってるから人と接せられない、だからねじれた考えをしだしていた。それが今は、テクノ系をみんながノリノリで聞いてる。いい時代になってくれた。そのおかげで方の重荷がとれたかんじで、テクノとかクラブ系、メジャーになってミーハーになって、これまでどうやって啓蒙活動してきた俺たちの努力はなに?水の泡とかかなしいところはあるけれど、話が通じるのはいいなぁ。
perfumeとかmakaiとかいろいろおとして。最後には、ケツメイシにたどり着いて。わらっちゃったけれど。
あー、彼らはやっぱりいいなぁ。ここ最近、まっとうな人間の精神回路にはまってみる行動を勝手にとっている私。一般のまっとうな方の思考回路はすごくいいもんです。ってことにやっと気づいた。それがこれまでできなかった。素があまのじゃくだから。みんなでたのしくやってる、夏をたのしむケツメイシとかが嫌いだった。ほんとはすきなんだけど、そんな仲間になるのが普通っぽくて嫌いにしていた。
でもなんか素直。もう、後がないからもう素直に、感じてしまおうっておもってね。
彼らの曲、メロディーラインがほんと上手。ここ何年も歌詞のある曲をちゃんときいてなかったけれど、彼らはいいことをいってる。えらいです。素直じゃない私がだめでした。
普通に、ケツノポリス5は、最高です。「また君にあえる」はなおさら最高。PVのエビちゃん、ちょーかわいい。いいねー!ああやって素直にたのしんでいいんだよね。人間って。これまでそんなのいやだって思ってたし、はずかしいなって思ってた。楽しんでる自分が気持ち悪いっておもってたからね。もうどうみられてもいいやーって、歳をとったからおもえるようになったー。少なくとも今日は。明日はどうかわかんない。精神病だからなぁ。

■音ダウンロード:最新がある。cnドメインなので危険。javascriptは当然OFFで。
http://www.j-pop.cn/
http://www2.j-pop.cn/music.htm
posted by ザパニーズ at 21:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

中国の通貨:tiestその2elements of life

tiestoのelements of lifeのツアーは、1日単位で世界を回ってる。
すごい!これぞツアーだ。
彼のサイトhttp://www.tiesto.com/をみるとわかる。
中国→韓国→日本→台湾とアジアをほぼ次の日に移動してる。

中国は4カ所で公演!中国でかい!いいなー大きい国は。
ほんとビジネスチャンスのある場所だなとつくづく痛感。でかい国に勝つには、日本人がこのままいってもだめなのは明らかだということがよくわかった。

さて、このアジアツアーで思ったこと。
Q:海外旅行のついでに海外のクラブで遊びに行った方がお得なんじゃないか?
A:まーまー正解。上海でのイベント料金:100RMBとなっている。
http://www.cooldjagency.com/tour/2008_3_tiesto.htm
昨日のレートで、1400円。やすい。お得。
それに人もそれほど多くないはず。ネットでみたがクラブも綺麗っぽい。
でもやっぱりディスコにちかかった。それもいいなぁ。
RMB=人民元
人民元(じんみんげん)は中華人民共和国の通貨。
中国では通常「人民幣」(人民、Rénmínbì、RMB)と呼ぶ。
ISO 4217でのコードはCNY。¥記号を用いる。
単位は元(Yuán:正式にはと表記する。圓、円に同じ)。
★なんと¥記号は、日本だけじゃなかった・・・。
すごいショーーーック!!!なんかいやだなぁ。
posted by ザパニーズ at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

tiesto来る!

やべー。やべーよ。Tiestoがくるよー。キャー
2007.4.12.SAT 23:00door open
Tiesto
"Elements of Life"@Studio Coast(ageha)
fee:door\6,000
http://www.ageha.com/

http://www.ageha.com/announce/080412_tiestoInfo.html
tiesto web★http://www.tiesto.com/
tiesto ファンサイト:http://tiesto.hp.infoseek.co.jp/
久々にマジで興奮した。
コンポを買ってよかった。ラジオが聞きたかったんだよね。音楽関係はFMが早いから。
サンクスJ−WAVE。
当日券:6千円
前売り券:5千円(先行前売り:4千円は売り切れ)
前売りかうしかない!入れないかもしれないし!!!
んで、詳細をネットしらべたら、空席、残りわずかやん。
昨日、ローソンチケットで買おうとしたけれど、自分の不摂生、行動力のなさのせいで、買えず、、、夕方隣駅まであるいて検索
したら・・・・・空席ありません。なぬーーーーー。昨夜はあったのにぃぃぃ。
まじかよ。やっぱりみんなあせって買ったんだろうなぁ。とほほ。

しかし挫けない。こういうときには、てんまんの本領発揮。すごい行動力だったと今振り返ると自分をほめたい。

家にかえり、他でも空席あるんじゃないの?とあきらめず検索したら、
チケットぴあ!あるがん!
ローソンが購入しやすいからみんなそっちで買ってしまうんだろうな。これからの教訓だ。
チケットぴあのチケットを買えるのはファミマ。ファミマにレッツゴーーーーー。
空席があったが、支払い方法を見ると、現金のみ!この世の中に現金のみとは、さすが5年遅れているファミリーマート=西武系グループ。西武電鉄みてもわかるとおり、ほんとシステム改善しない、汚いファミマ。だからTECのシステムつかってんだろうなぁー。こりゃ失礼。
現金おろしてもいいが、私は銀行の210円が嫌い。手数料、ふざけるななのだ。
あきらめて、家に帰り、土日でもゼロ円で引き落としできる場所を探したけれどありませんでした・・・。

あ、ちけっとぴあに直接買いに行けば、手数料いらないじゃない。明日チケぴに直接いこうと決めた。が、ローソンの様に買い逃す可能性が高い。どうしよう。なやむ。210円はらってファミマに行くかなやむ。

もいちど、チケットぴあサイトを見ると、CKJ/SAAでもとりあつかってんじゃないかー。すばらしい。すぐさま、近くのサークルケイ/サンクス探しました。サークルケイ、近くにあったんだね。中部地区ばかりかとおもっていたら。
さっそく走っていきました。サークルケイきれいでしたねぇ。店舗も店員の態度もPOSレジもすばらしい。サークルケイがすきになりました。サークルケイのレジはNEC製。さすがです。レジで空席検索ができて、すぐにレジ内蔵のチケプリ(チケットプリンタ)で印刷しチケット購入完了。支払は、もちろんクレジットカード決済可能!EDY、IDも利用可能。すんばらしい。クレジットカードもお客さんに挿入してもらう方式(他人のカードをなりすまし利用しやすいことになるのが、欠点か。しかし後日監視カメラで顔がばれるから、いいか)。新型レジはいいねぇ。さすがNECのアプリというか端末は偉いと、利用者になって初めて感じました。
ローソンのロッピーもすごいけれど、ファミマのファミポートもすごいけれど、支払はレジにいちいちレシートを持っていってから支払だから面倒だ。サークルケイ/サンクスをこれから利用しよ。ATM引き出し手数料ゼロ円のゼロバンクがあるのも、サークルケイ/サンクスだし。

勝手なリサーチ結果
■ローソン:
長所:ロッピーで自分で検索可能。クレジットカード支払可能。
店員の態度は中流。悪くはない。店舗はそこまで汚くない。
■ファミマ:長所:ファミポートで自分で検索可能。
短所:現金決済のみ。(ファミマカードなど特定カードはできるが面倒)
定員の態度はいまいち。店舗はそれほどきれいではないことが多い。
最近、家の近くのセブンイレブンが閉店。店員の態度は最低最悪。店員同士でいつも遊んでいるしまつ。潰れてよかったんだけど、残ったのが、ファミマのみ。
仕方なくファミマを使ってるが、暗くてきらい。
■サークルケイ・サンクス:
長所:決済方法が多様。店員の態度はすばらしい店舗が多い。最近、よくなってきている。急上昇。
短所:自分でいろいろと検索できない。自分でネットでしらべて、PコードなどがわかっていればOK。
■セブンイレブン:
短所:チケット販売に気合いをいれてない。セブンのネットショップの受け取りには有効。
店員の態度はたいていよいほう。だが、がんばらなくても売れるので、最近接客態度が落ちている。

話がそれまくったーーーーーーー。コンビニ談議なんてよけいなことしてしまった。

そうそう、Tiestoのチケットかえました!!!ちょーーーーーーうれしーーーー!
念のため二枚購入=1万円。一人で行っても、近くの人に売ってあげればいいし。
久々に、音を体からうけとめるぞー。ただ、いやなのは、満員電車状態だってこと。息を吸うのも大変だろってこと。ふぅー。仕方ないね。でもいいんだー。CD買うよりも、行ったほうが逝ける。

4・12がたのしみでーす。

■Tiestoの発言
http://www.higher-frequency.com/j_news/may07_i/07/2.htm
→オランダのスーパースター DJ Tiesto はロンドンの Metro 紙とのインタビューで、彼のプレイするトランスは「安っぽく、カッコ悪い」と言われている事実を認めると共に、‘クールすぎる’音を好む人を批判するコメントを残している。
「トランス・ミュージックの素晴らしい点は、音に身を任せることが出来る所さ。クールなサウンドを聴く人は、音楽を聴いて我を忘れることなんてクールじゃないことは出来ないんだ。彼らは殆ど笑わないし、自分の友達としか話そうとしない気取った奴らさ。トランス・ファンとはまったく違うよ」
「僕のパーティーに来てくれるお客さんは、みんなハッピーでフレンドリーなんだ。もし彼らのことを‘ダサい’って呼びたければ好きにすればいいさ。ただ他の人とコミュニケーションを取ろうとせず、シャンパンばっかり飲んでるようなすかした奴らより、彼らの方がよっぽど素敵だよ」
★うーん、なっとく。彼の音をばかっぽすぎると言う人もいる。日本人的にいえばミーハー系。しかしだ、日本でトランスといえば、なぜか今はギャル系の音になりさがっている。ギャル系の音もいいが、日本のトランスは、この話題になっているミーハーよりもさらに馬鹿っぽい。その馬鹿っぽい日本トランスしかしらないから日本のトランス人気はあまり高くなく、また若者だけなのかもしれない。馬鹿っぽいイメージがつよく、決してかっこよいなんておもってない。てんまんはとてもかっこよく、クールだとおもうんだけど。特にTIESTOは。
日本でいえば、小室哲哉のレベルなんだろう。
彼はアテネオリンピックの開会式でDJをしている。djに開会式を任せる国もすばらしい。
僕はクールなロンドン系の人たちもすきだけど、そこからほんの少し突き抜けた、光が体にはいってくる、トランスが大好きだ。
posted by ザパニーズ at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。