2013年04月05日

アニメ:レイン

時代のさきがけしすぎたアニメ、lain(レイン)
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00066/v09123/v0986100000000541403/
あまりにも、良すぎたから?当時は、あまりにも現実を直視させられた感がしたから?
当時は、ウケ狙いか?なんて穿った見方をしていたからか
空気の様に通り過ぎていったアニメ。でもしっかりと頭のなか深層心理に落ち込んでいた。
先日、ツイッタで誰かがこのアニメのことをつぶやいて、記憶の波が押し寄せてきて
鳥肌、冷や汗がでるほどの強烈な感覚、あの当時の空気、視界、触覚すべてが
ぶりかえしてきたようだった。
それほど、当時の空気感を匂わせるアニメ化。
ただものではない。このレイン。
時間が経って、時代が追いついた?自分達が進んだ?記憶が熟成した?
からか、今は、心に以前よりもすんなり入ってくる。

主人公の女子中学生のレインの感性。学校の黒板ではjavaかなにかのスクリプトなどのソースを板書する時代性。
OS、ネットとの親和性。PCが好きな父親。手描きアニメの暖かさ。

このアニメが世の中にでたからこそ、地獄少女、エヴァなど他のアニメにも多大な影響をあたえたと思ってる。

こういうクリエーターが消えたのも、もしくは存在していてもメディアに出てこないのは、
在チョンメディアに牛耳られて、在チョンのコネがあるか、在チョンか、もしくは収益ベースが稼げるわかりやすいもの
しか作れない世の中になってるのかも。
硬直してる感じがする。現代2013年、民主党政権になってそれが覆って少しづく解凍してきているけれど
まだまだ、固まっている。自由さ、寛容さ、奔放さが、日本人から失われた感じがする。

クリエートする楽しさよりも、自分に何かを満たす楽しみの方に走っている、刹那的、時代が終わるのか的なのは
当時の1998年という2001年前のほうが大きかった気がするのに、今のほうがそれは大きい。
不安と同時に、当時は、期待も大きかったのかもしれない。何かわからないけれど2000年、21世紀という大台がくることに

さて、こういうすばらしいアニメは、地上波テレビで再放送すべきだ。
ムダな映像、ムダな極左理論の洗脳装置に成り下がっている。現代のテレビ。
地デジ化した現代は、「同時再送信」となりリアルタイムがリアルタイムではなくなっている。
要するに直接、同時に放送する=リアルタイムではなくなってしまった。
デジタル化によって、処理がはいるため、リアルタイムでなく必ずタイムラグが発生。
だから時報を放送しなくなった。

リアルタイム=放送でなくなってしまった現代、ムダな意味のない番組を作るだけなのなら
そうであれば、時空を超えて良い物を流し続ければいいじゃないの。


posted by ザパニーズ at 10:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

adidas × miniskirt

思わず、アディダスの靴を買いたくなってしまうこと請け合いのCM
アディダスシューズ(adizero) VS ミニスカート(カワイイ子)

白人がマジでやるところが笑える。ちょっとオタクチックでキモチワルいところもあるのがポイント。

↓クリックでビッグサイズ
adidas-panchira.jpg
posted by ザパニーズ at 13:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

余命1ヶ月の花嫁:いつもの手口TBSと芸能界のの殺人

1年前のはなしだけど。
余命一ヶ月の花嫁を見てる人、流されまくりです。それは。
朝鮮系の手口。TBSと芸能界で余計な奴は殺して、いく。


http://dogedemo.tumblr.com/post/806801890/04-jpg
http://ddueaz.kitaguni.tv/e868906.html
http://www.yukawanet.com/sunday/2008/11/1av.html
http://www.cyzo.com/2009/01/post_1435.html
死んだ本人はAV嬢。そこまではいいが、その後が非道い。
死んだ本人の友達もAVで余計な者にまみれてる。
http://dogedemo.tumblr.com/post/806816477/e6-b0-b4-e5-92-b2-e6-b6-bc-e5-ad-9001-jpg
posted by ザパニーズ at 00:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

1971年映画:遊び



この映画みたことありますか。
1971年大映映画。
たった1日の出会いから上り詰めていく物語。
しかし、現代ドラマ・映画のような軽さを感じられない。
それが不思議なところ。

みんな純粋で直球で熱くて。
男も女も潔い。
うらやましくも感じる。
1970年代とは、こうも熱い時代だったのか。
映像や話し方など、韓国映画にも似たものを感じる。
自分が韓国映画・ドラマに共感できることや、
両親年代がはまってしまうのは、この年代の映画に共感できるからなのかもしれない。

人ってこうあるべき。ホント。
今の自分たちって、

関根恵子さん、結婚して今の高橋惠子さん。
今もキレイですが、こんな女優さんも脱いでいたんですね。
現代、脱ぐとそうと話題になったり品を落としたりしそうですが、
昔の方がドンドン脱いでいたんですね。それが私には意外だった。

人間の裏と表を汚くキレイにも思いっきり出せた、
この時代が、うらやましい。そう感じてしまった。

この映像は最後の映像ですが、ここにたどり着くまでがいいですよー。

エンドロールが無いんですよ、この映画。余韻を楽しみたい私には、あってもいいのにぃと思いました。
細かい所の話。
セリフとか、なんかいいなぁ〜〜としみじみします。言葉って変わるんだねぇって。
言葉遣いやら、主人公が茶碗を洗ったり、男に申し訳ないからといいお金を渡すところ。
はっきりいって、私が思い描いている女性像でした。私、まったく時代を間違えて生まれてきたようです。
特に都心で生きていると、こんなことをかけらでも理解できる人いないからねぇ。地方ならちょっとはわかってもらえそうなのになぁ。

ところで、この映画は図書館でレンタル(当然無料)して見てみました。そういえば、ここは大映の本拠地、撮影所がある街、映画の市ですから。
posted by ザパニーズ at 02:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

不思議異空間アニメ

ノイタミナ
フジテレビのアニメ枠。
ノイタミナとは、noitamina=animationの逆読みなんですけどね。
・モノノ怪
http://mononoke-anime.com/
・怪〜ayakashi〜化猫
http://www.toei-anim.co.jp/tv/ayakashi/
・空中ブランコ(現在放送中)
http://www.kuchu-buranko.com/

なんか、常識とはなんだ?おれ今の世の中にちゃんといきて居るんだろうか
、と不安になる。そんな幻想を抱かせるアニメ。

不思議な、異境、異空間につれていってくれます。

このキャラクターデザイン:橋本敬史さんの絵のせいかもしれない。
不思議なリアル感、人間の裏側を滲みだす絵柄だと感じる。眼が、半眼なところのせいもあるかも。

どちらもオススメ

posted by ザパニーズ at 01:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

JONTE' 意外と好きですが

JONTE'
http://ja.wikipedia.org/wiki/JONTE%27

じょんて★もーにんぐ
http://www.forlife.co.jp/artist/profile.html?aid=FL01157

ダンスうまいし、クラブにいそうなかんじ。こういう人種は好きだわさー。
しかし、私この人を
ずっと映画「フィフスエレメント」のルービー・ロッド(クリス・タッカー)かと勘違いしてました・・・・。

リアルのルービー・ロッドがジョンテかと思っていた。


posted by ザパニーズ at 17:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

【台湾映画】『海角七号/君想う、国境の南』

http://www.kaikaku7.jp/
【台湾映画】『海角七号/君想う、国境の南』
http://www.movienet.co.jp/movie_data/2010/01/kaikaku7/

posted by ザパニーズ at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

マクロス愛おぼえていますか

むかーーーーーーーしに購入したLDをみてみたら、
映画「超時空要塞マクロス愛おぼえていますか」の予告編で、
「2009年7月永遠のラブソングが甦る」
と言ってることにビックリ。

(http://www.youtube.com/watch?v=gjItT8IPRhs 
では1:51あたり。)

なんとマクロスの設定時代になってしまったんですね。それも映画は2009年の7月設定。リアルですねぇ。みんな忘れていたんじゃないの?って言いたいほど、7月にイベントは特になかったですね。まぁ、ガンダムイベントが盛況だったからしかたないですよね。私も、ガンダムのことしか頭になかったですから。
しかし、ほんとびっくりしました。今年、それも夏だったとは。
LD購入した時は、2009年7月なんぞ、そんなの遠くの話なんて思っていたから。
あー、じゃー今年ミンメイの歌ききてー。

歌がホント世界共通で、地球がごちゃ混ぜになってるところが、マクロスの世界に現実社会が近づいている気がします。

http://www.youtube.com/watch?v=gjItT8IPRhs&hl=ja
では1:51あたり。

マクロスやら、王立宇宙軍やら、この時代のアニメはいつ見てもすばらしい。手書きアニメの最高峰。CGでは出せないリアルよりリアル感。こんなカット割り、今の映画もアニメも殆どみれねーよ、って突っ込みながら見てしまう、すばらしい日本が誇る映画ですねぇ。
posted by ザパニーズ at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

王立宇宙軍オネアミスの翼


この映画は私の中で未だにNo1。アニメNo1のまま。
中学生のころからみても未だにすばらしい。映像もキレイだから最近作った映画と同じにみえます。久しぶりにLDを見てみたら、感激。HD映像になれてしまった現代人にとってはLD映像はちょっと悲しい。15,000円も出して買ったのに、時代の流れを感じます。

オネアミスは、このなんというか、気持ちがずっとモヤモヤする感じがたまらないです。切ない、甘酸っぱさにも似た感じ。この映画をテレビで鑑賞した中学時代の自分を、今そのまま思い出せるのは、なぜでしょう。音楽、映像、すべてがモヤモヤしていいかんじです。モヤモヤさまーず以上です。

ところで、ガイナックスの初制作作品という事実に驚きます。



日本のH2ロケットの打ち上げシーンをみるたびに、このオネアミスの映像とたぶらせてみてしまいます。

このH2B打ち上げ映像のすばらしいところは、構図ですねぇ。
それに最後のほうにはスロー映像があるところ。すばらしい。
posted by ザパニーズ at 12:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

蒼井優

蒼井優って、できる女優だわ。今頃気づいた。映画のために生まれてきた感じな子。

タナダユキ監督。空気感と裏にある深いところまで描けてる脚本もカットも申し分ないなと
posted by ザパニーズ at 02:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。