2011年07月28日

石原慎太郎/著『新・堕落論―我欲と天罰―』

日本が一番元気でなければ世界も元気がでない。
日本は、日の本、おおもとなんだから。

以下、序章より抜粋
一日中繁栄しているパチンコなど娯楽施設の営業は制限したらいいはず。
被災者以外の人間達が何にも耐えることなしにこの国の災難が克服できるものでは絶対にあり得ません。

大災害の克服には、多大な財源が必要なのは自明のことです。
それを誰が負担するかといえば国民です。
消費税の税率アップも含めて、外国の有名ブランド製品など奢侈な買い物への
物品税等、国民の責任負担なしにこの国が立ち上がれる訳はないし、
今後の混乱の中で高福祉低負担などという幻想が続く訳もない。

かつての日本国の存亡を賭けた、大ロシアとの戦いに備えて明治の日本人達がいかに
耐えて耐え抜いて力を蓄え、その結果奇跡の勝利を得たかを思い出してもらいたい。
この数年の間の国家の政治のなりゆきを眺めて、日本の将来にそこばくともない不安と危惧を感じていない者はなかったと思います。特に年配者はその筈だ。
私達はこの災害を機に根本的な反省に立って、この日本を芯の芯から改造して立て直さなくてはならないと思います。
さもなければこの国は津波が去った後の瓦礫のまま腐って朽ち果てるでしょう。

※奢侈(しゃし):度を過ぎてぜいたくなこと。身分不相応に金を費やすこと。また、そのさま。
「奢侈に流れる」「奢侈な生活」


  • 石原慎太郎/著
  • 『新・堕落論―我欲と天罰―』
  • 国難の超克は、ここから始まる。日本への「遺書」――。

列島を揺るがせた未曾有の震災と、終わりの見えない原発事故への不安。今、この国が立ち直れるか否かは、国民一人ひとりが、人間としてまっとうな物の考え方を取り戻せるかどうかにかかっている。アメリカに追従し、あてがい扶持の平和に甘えつづけた戦後六十五年余、今こそ「平和の毒」と「仮想と虚妄」から脱する時である――深い人間洞察を湛えた痛烈なる「遺書」。

発行形態:新潮新書
頁数:220ページ
ISBN:978-4-10-610426-8
C-CODE:0210
整理番号:426
ジャンル:社会・政治・法律
発売日:2011/07/15
http://www.shinchosha.co.jp/books/html/610426.html


posted by ザパニーズ at 04:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

日経新聞の読みこなし説明本

渋井真帆の日経新聞読みこなし隊

レビューより

軸になるのは、国・企業・個人。記事の内容が、これら3つの面からどう捉えられるかを、自分なりに考えてみることが大事とのこと。 

1.国 
 ・日本、米国、中国の3国を軸に考える 
 ・経済力、軍事力、政治力という3つの国力を軸に考える 

・・・日本は経済大国だが、軍事力なし、政治力なし。
・・・・中国は、経済国で、軍事力が大、政治力が大。
・・・・・米国は、経済大国で、軍事力強大、政治力も強大。

2.企業 
 ・主要な業界として、自動車、電機、通信、金融に注目する 
 ・資金調達→生産→売上→配当 というフローを理解する 

3.個人 
 ・ポイントは、安全と豊かさ 

日経新聞を読みこなすことが最終目的ではありません。日経新聞を題材に、情報を多面的・立体的に捉える方法や、思考方法を身につけることが重要であると、著者は述べます。それによって、ビジネスだけではなく、生活、更には人生に役に立つ、ということです。 

記事を多用し、誰にもわかりやすい内容です。長年日経新聞をお読みになっている方にも、得るところは多いのではないでしょうか。

だそうです。
posted by ザパニーズ at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

経済は取引コストにより、金融商品のような裁定がうまく働きにくい

著書「スタバではグランデを買え! 」で有名な経済学者(経済啓蒙者といったほうがいいかも)の吉本佳生さん。大学卒業までに、他に何もおぼえなかったとしても、これだけは覚えておけというのがこの2つらしい。
  • 比較優位
  • 実質金利
この二つを覚えて使えこなせるようになると、将来きっと役立つと話すほど役立つ考え方とのこと。
会社で業務をこなす時、役立つ考えが比較優位。あいつはデキル社員だよな、と同期の出世頭をうらやましがったり、ねたんだりする人もいることでしょうが、比較優位の考えを当てはめれば、誰もが大切な業務をこなすことが最も効率的で、まったく自分を卑下することも威張る必要もないことがわかります。

そのた、経済を読み解く為の用語、視点
  • 価格差別
  • 取引コスト
  • 比較優位
  • 実質金利

この方の本の文章は冗長感があり、長ったらしく感じますが、分かりやすい本を探している人は最適です。だから、経済学者ではなく、経済啓蒙者と呼ばれることがあるのでしょう。


posted by ザパニーズ at 02:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

読書メモ

  • スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学 吉本 佳生/著 ダイヤモンド社
  • ビジネスアスキー  2008年8月号 アスキー・メディアワークス
  • ほめる技術、しかる作法 PHP新書 伊東 明/著 PHP研究所
  • 女にいらだつ男男にあきれる女 すれ違い会話に学ぶ心理学 伊東 明/著 扶桑社
  • 恋愛依存症 失われた愛情と心の傷を癒す 伊東 明/著
  • 心理戦の勝者 歴史が教える65の絶対法則 内藤 誼人/著 講談社
posted by ザパニーズ at 20:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マインドマップって

ビジネス書などで以前から取り上げられているマインドマップ。
これって、思考整理術の一つで、大企業では普通に使われてきた手法。
これを重宝がる人たちや企業は、知らなかっただけなんでしょうね。

マインドマップは、箇条書きでまとめるのに近い。
技術系では、思考をまとめる時に箇条書き、それも階層に別れた箇条書きをしていく。
マインドマップは、これを絵的に表しているだけ。
逆に言えば、絵的に表したところが、マインドマップの良い点。
堅苦しくなく、イメージを広げられるという点が、デザイン事務所やら
個人事業主やら、中小企業、一部の大学などに受け入れられているのでしょう。

日本の企業では、社員研修や、業務、小集団活動、改善活動、様々な場面で、使われてきた手法です。
人に伝える時にも利用してきた手法です。
その、日本でも昔からやってきた手法の、焼き直ししたものを
海外から再輸入した。そう私には受け止められました。

こういった関連の書籍を作成する出版業界や、デザイン事務所、また海外の情報を仕入れてくる人たち。こういった方々は、日本の企業の実状をしりませんから、これは目新しいと感じて、自慢げに投入するのでしょう。そして日本でも使われてきて、有る意味使い古されてきたモノを知らない若い世代にうけいれられているのでしょう。

という、穿った見方(深読み、詮索)をしてしまうのはワシの悪い癖。

マインドマップも相当良いツールです。
キチンとした名前付けがされていなかった、思考整理術の一手法に
名前を付け、人々に広めたという点は、評価できます。

なんでも海外から入ってきたモノはエライ。日本はまだまだだなんて、言っている人が嫌なだけです。
posted by ザパニーズ at 16:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

映画:ティファニーで朝食を

映画:ティファニーで朝食を「Breakfast at Tiffany's

今頃といわれそうですが、今頃鑑賞しました。この年になって。

若いころにみておけばよかったと思った。
この映画によって、オードリーの見方が変わりました。見方をしりました。
オードリーヘップバーンは、すごくできた女性の役ばかりかと勘違いをしていた私。

彼女って、自由奔放な女性を演じていたんですね。
この時代の女性の憧れでもあったんでしょうね。自由に、なのに可憐でという感じ。
それなのに、かわいいから、キュートだから許せてしまうのは彼女だからでしょう。
かっこいい理解してくれる男性が近くにいる、女性のあこがれの状況なんでしょうか。

今風にいえば、ツンデレ系のはしりではないでしょうか。

この映画の男性主人公は、とっても心が広い。ありえない。すごい忍耐強い。
オードリーの行動は、ちょーーーーーーー自分勝手で腹が立つくらい。
自分を見てる感じでちょっと恥ずかしかった汗。

彼女にとっては、ちょどよい関係の男性がいることは、心の支えだったんでしょうね。
彼でもなく友達以上恋人未満の、でも心配してくれて頼りになって、
そんな男性です。そんな男性を女性は心のどこかで求めているものなんでしょうね。
すくなくともこの映画をすきな女性は。

こんな男性、私ならなれるのになぁとおもったりして。
友達であれば。前にすんでいたマンションの隣の女性と仲がよかったから、こんな感じになれたかも。もっと早く映画を見ておけばよかったなぁ。
その女友達から、ティファニーで朝食をは見た方がいいよって言われていたから。

理解してくれる、女性友達は、男性にも心づよいですから。すくなくとも話を聞いてあげるだけで、私、おとこも、満たさせるものだからね。

本作が1961年の映画ということには、驚くね。かっこいいですから。
posted by ザパニーズ at 01:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画:yesterday once more

映画
yesterday once more
イエスタデイ、ワンスモア (龍鳳鬥)
2004年香港(中華)
主演:劉徳華(アンディ・ラウ)と鄭秀文(サミー・チェン)

いーーーーー映画ですね。
大人になってから、楽しめる映画でしょうか。
大人達の為の映画、夫婦でみてもいいかなぁ。

二人の関係が理想に思える大人な紳士淑女は少なくないのでは。

終わってから時間が経つほどに、うなる映画。
劇中にでてくるワインの様にあとをひく、いい余韻を楽しめる映画です。


終わってから、すがすがしいきもちになるいい映画ですねぇ。




以下は、見終わってから読んでね。
ラストは、もっと分かりやすく終わるのかとおもっていたら、気の利いた終わり方で、はじめはよく意味がわかんなかった。でも、ラストのアンディラウが依頼するところから見直すと、
涙。
アンディーの彼の、彼女への大きな心、愛情の深さに涙しました。
posted by ザパニーズ at 00:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

借りる予定本

少々オカシクないですか?―例えば、毎週のように『全米ナンバーワン』映画が公開されているけれど
「だから、B型だ」って言うな! 愛すべきB型人間の恋愛、結婚、仕事  プラチナBOOKS
神はなぜいるのか?   叢書コムニス
お金持ちになる男、なれない男の習慣
自然のなかで働きたい
知っているようで知らないこれが本当の中国33のツボ
知ってるようで知らない日本の職業
シンガポール陥落
世界が仰天する中国人の野蛮
セックスがこわい
戦後日本人の忘れもの
日本人はこうして奴隷になった
セックスがこわい
教養が試される341語 知らない日本語
FXの教科書
夜中にラーメンを食べても太らない技術 男のための<食べやせ>革命
裸でも生きる山口 絵理子
●日本植民地建築論
道具にヒミツあり
服は何故音楽を必要とするのか? 「ウォーキング・ミュージック」という存在しないジャンルに召還された音楽達についての考察  INFAS BOOKS
基礎からの衝撃工学 構造物の衝撃設計の基礎
明治の迷宮都市 東京・大阪の遊楽空間
韓国はなぜ反日なのか 内側から見た韓国の“真実”
韓国人の「反日」台湾人の「親日」 朝鮮総督府と台湾総督府
暗黒大陸中国の真実
日本人が勇気と自信を持つ本 朝日新聞の報道を正せば明るくなる
チャーチルが愛した日本
CD:十七条憲法   <朗読>心の本棚
刑法   有斐閣双書プリマ・シリーズ
ぜったいデキます!これからはじめるグーグル   パソコン楽ラク入門
占領期の朝日新聞と戦争責任 村山長挙と緒方竹虎  朝日選書070/イ/
新・トンデモ超常現象60の真相
日韓併合 韓民族を救った「日帝36年」の真実:サイ キコウ 
221/サ/
posted by ザパニーズ at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

借りたい本

理不尽社会に言葉の力を―ソノ一言オカシクナイデスカ?
ISBN-13: 978-4406050869

日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド 「白色」「青色」両対応!!
ISBN-13: 978-4795844728

風呂敷つつみ (Japanesque)
ISBN-13: 978-4902930153

投資戦略の発想法 2008 (2008)
ISBN-13: 978-4903441078

入門 株価チャートの基本がしっかりわかる本―売り時・買い時がズバリ読める!はじめての人のテクニカル分析
木村 佳子ISBN-13: 978-4761263034

なぜあの人は会社を辞めても食べていけるのか?
藤井 孝一
ISBN-13: 978-4756910837

誕生日事典
ISBN-13: 978-4047913516
posted by ザパニーズ at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

図書館で借りた本

4月18日に借りた本
■株勝ち続けている人たちの儲かるしくみ
ここが違う!
著者:中村 光夫/著
出版年月:2004.03
ISBN:4-534-03717-1

■金持ち大学教授が書いた株で4倍儲ける本
私のやり方大公開!
著者:山崎 和邦/著
出版年月:2006.04
ISBN:4-8061-2407-9

■実力をつける信用取引
売買戦略からリスク管理まで
著者:福永 博之/著
出版年月:2007.01
ISBN4-7759-9044-5

返却日:5月2日(水)
posted by ザパニーズ at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。