2008年01月02日

決意 2008.01.01

新年、珍しくゆっくりまったり一人、部屋ですごした。いつもは実家に戻り姪っ子たちと遊び、地元の神社へ参拝するけど、今回はカウントダウンパーティーで騒がず、しっとりまったり参拝した。
遊びに行こうかとか考えたが、いまが楽しければという考えでは、何年後かに結実する大きな果実を得ることができないからだ。結局寝てばかりな年末だった。寝てるよりは断然、動いた方がよいし、動かなければ変わらない。動くというのは体の動くだけではなく、ポジティブな方へ動く思考活動がメインだ。思考が人をどんどん進化させる。が、私はぐうたらな生活のせいで、思考がネガティブな方にばかり動いて、八方ふさがりになってしまう悪い癖。これをどうにかせんといけん!八方は
「今から私は、ぐうたらな生活は絶対やらない。休日であっても朝9時にはおきる。」
午前中は頭脳が一番働く時間だ。他のものに目移りせず、やることをきっちりこなす。朝からテレビを見ない。

今年は、飛躍の年として決意している。ここ5年以内を見るのであれば、今の会社に居て良いのだが、人生あと30年先を見据えると、ここで、自主的に方向を変更する必要があると判断したんだ。自己的セカンドキャリア制度だ。当社は55歳以上でセカンドキャリア制度を取得でき第二の人生を歩いていける。いわゆる早期退職だ。だが、、そんな歳で第二の人生をあるくのはつまらない。そう自分は心底思ってしまった。
今からもう一つの人生、55歳までの中間点で第二の人生を選んでいいじゃない!と。そうすれば一度きりの人生を大いに楽しめ、有効に生きていけるんじゃないの!てんまん!と自分に言い聞かせてしまった。会社に決められた制度で、区切って人生を区切るのは、あまりにも自分の人生を他人に決められている感じがした。ものすごくいい気がしない。いやだわー。
「自分の人生を自分がコントロールしているという実感を得たい!」これが、私の人生最大の幸せを感じる状況だ。私は、資産を手にして、それを運用し、心と人生の安定を得る。人の為に役立っているという結果がついてくれば申し分ない。こういう人生をつかもう、生きていこうと決意した。

今から、以下のことを自分に話しかけてやる!
  1. 焦ってしまう自分には、ち着けと話しかける。

  2. 悩む自分には、一度決意したことを振り返らず前を見てポジティブな別の案を考えろ!と言ってやる。
    退職と決めたのだから、引き戻るプラスな選択も多いが、ポジティブにセカンドキャリアと決めた人生を選ぶのはなんて辛いけど、わくわくした人生がまってるじゃないか!といってやろう。

  3. 焦る自分の為に、
    やるべきことを決めてやる。やる順序を決め、スケジュールを決定するから大丈夫だ。
    といってやる。それを私は実行する。
    自分が決めた人生計画に乗って生きていこう。
    コレが自分が自分の人生をコントロールしている実感だ。
    だからこそ人生の計画は大切だ。

  4. 人から人情的なことを言われすぐに流される自分には、
    人の為にがんばりすぎた。これからは第一に自分の方向性を考えそこにその人が必要であれば、その人の為にがんばろう。その人の為にならなくてもその人は君から離れていったりしない。
    と話しかけよう。
私が私自身に発してしまう、すべての否定的発言に対しては、こういってやる。
だからどうした!
今すぐやってみろ。俺が居るから大丈夫に決まってる。
ぷー。
1/2、明日はスケジュールを考える。


posted by ザパニーズ at 01:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初詣

@靖国神社とA明治神宮へ参詣。

@靖国神社
元旦の夜17:30ごろは人もまばらで参拝しやすい。ゆっくりじっくり参拝できた。
今年は、きっちり二拝二拍手一拝できちんと参拝できた。
自己の目標をしっかり持ち、それに向かって行動できるように誓った。
日本の為にすこしでも役に立てる人間になるよう誓った。
ライトアップも適度にされており、昼間より断然綺麗に見える。
夜店も出ていて楽しげ。

全国の靖国神社に関係する神社(ものすごく沢山)の絵馬が飾られていた。
地元に戻らなくても地元の神社を身近に感じれたおかげで、心を落ち着けることができた。

A明治神宮
こちらも元旦の夜なので、人もすくなくゆっくり参拝できる。
19時前についたが、19:30まで参拝可能。
靖国同様、誓った。先人に恥じぬよう、自分の目標にそって自分を信じて行動していく。
そして、回り回って日本にとって有益な行動となるよう努力していく。
そのとき、揺れる心を抑えて欲しいとお願いした。

以前からきちんとした箸が欲しかったので、2008年の記念に購入した。
手作りの漆塗り。八方が縁起が良いということから、八角形の箸。箸の先がスッと細くなっているのも希望どおり。今年は箸をきちんと使いたいね。
八方といえば、八方塞がりとか、八方美人という、ネガティブなイメージばかりだけど、八方というと歌舞伎役者が見得を切るときも、手足などが八方を向き、縁起をかついでおり、元々縁起のよい言葉なんだねぇ。ちなみに見栄を張るの、見栄とは漢字が違う。
教育をするときに大切なのは、今からネガティブなことを伝えるのか、ポジティブなことを伝えるのか。どちらかだ。いつもポジティブな、研修者が受講後にポジティブに仕事に向かえる姿勢を与えていきたい。
だから私はこれからポジティブな発言を心がけよう。


賽銭を投げ込む人がいるが、あれは良くない。手前できちんと手からすべり落とす感じでやるべきだ。
だから、賽銭箱手前にお金が沢山落ちていたよ。

明治神宮は9千万人以上の参拝客がいたそうだ。一人10円としても、9億円の利益だ。おみくじにもそうとうの行列があった。おみくじ(100円)を1/3の人がやったとすると、30億円。約40億円の利益がでたことになる。宗教法人は、非課税団体。だからと言う訳じゃないが、私は着物が着れる仕事がしたいので、神社、仏閣で働きたいのも、希望の一つだ。歳を取ってからでも働きたいなぁ。

■明治神宮で大変驚き、ちょっと悲しかったこと。
明治神宮内の参道で、オーロラビジョン車が入り、大画面で、CMを流していた。
たとえば、資生堂シャンプーツバキとか。参道内の注意を促すテレビだが、広告収入を得ようとする行動にはちょっと困惑する。が、西洋などでは一般的なことなので、まー古い考えかな。
あとは、お土産や近くに、あまりにも多くの出店が出ていたこと。レイブパーティやフェスなどで見られるような本格的屋台。そして、UFOキャッチャーが20台近くならんでいたこと。
アミューズメント施設を併設し、若い人の神道離れに一役買うのならいいけれど、ちょっと私は悲しかった。キリスト教もミサに来ない若者をどうやって教会へ呼ぶか苦悩し、カフェなどを併設したり、アーティストを呼んでコンサートしたりと、いろいろな手法を使っているから、同じ状況か。
都会にいたら、神とかあまり気にしないし、ふれることもないからなぁ。明治神宮の杜もただの公園としか目に映っていない人も多いんであろう。外人は特にそうだ。明治神宮の宝物殿手前には気持ちよい広大な芝生の広場があるが、そこには外人がただの公園として、まったりひなたぼっこして読書に励んでいるから悲しい。ま、私もその場所が好きで行くし、来てる人のマナーが良いのでとてもいい場所。
マナーの悪い日本の大学生連中がくるより断然ありがたい。マナーの悪い女子大学生連中は、だるまさんがころんだ、とかで遊びはしゃぎまくって、明治神宮の管理センターから放送で注意されていたから、もう日本の女は駄目だとちょっと悲しくなったし、外人に対して恥ずかしかったのを思い出した。

来年も参拝をきちんとしたいし、年内も悩んだときはきちんと参拝したい。
posted by ザパニーズ at 00:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。