2013年02月24日

幸福感が高いのは責任が少ないほう

  • 「責任」が少ないと幸福度が高い。
    逆にいえば、
    「幸福をすごく感じるのは、責任が無い立場にいる人の方。」

  • 男女で幸福度を感じるのが高いのは、女性の方。
(これは経済学などの研究結果)

よく考えれば、若いころのほうが、幸福を感じやすいなぁ。
これは深い。
感性が女性のほうが高いから、というのは安易な女性優位論。
男性も女性も感性は高い。責任をとらされるとまだまだと思うほど幸福を感じられない。
仕事をしている方は感じ取っている。上になるほど仕事の成果はでるのに幸福度は高くない。
従って責任をトラされる男性は可哀想w

ちなみに、幸福とは、突然、思いもしないうれしい出来事。
責任を取る人は、リスクをとる人。リスクとはマイナスはここまでというマイナス面も把握している。
それを理解したうえでのプラスな成果だから、いちいち喜ばない。喜んでいたらコンスタントに成果を出せない。
一方、よくある専業主婦や従業員。責任をとっていると思っているが、流れに身を任せているタイプのひとほど
幸福を感じやすい。逆に、落ち込みもしやすい。

言葉足らずですが、それが心理だなぁ。


posted by ザパニーズ at 00:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。