2011年08月21日

干支

十二支(子牛寅〜戌亥)
十二支というのは、いろいろ説があるが、農業用の暦としてつくられた説もある。
干支(えと)は一年の農業用の暦。
3月から始まり、2月までの12ヶ月。
子(ねずみ)は、3月の植物の状態を表す。
亥(いのしし)は、2月の植物の状態を表す。

旧暦だから、現代では、子が4月、亥が3月にあたる。
4月は植物が芽吹く季節。3月は、発芽の前で地面の下はグラグラする。
亥年はグラグラする次期だから今年は気を引き締めるように。

第88代警視総監の池田克彦氏が大阪府警警備部長時代、
平成7年亥年の1月の年頭訓辞。

その後に阪神大震災が起こった。 

小話


posted by ザパニーズ at 18:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。