2009年12月06日

APSフィルムを取り出して保管

apsfilm2.jpg
懐かしいAPSフィルム
10年以上前のことです。インデックスプリントがデキルといううたい文句と、撮影途中でもカメラか取り出せるという利点で一時期はやりました。バカチョンカメラ=使い捨てカメラにもAPSフィルムが採用されていました。パノラマ(3:1)、ハイビジョン(16:9)、通常(3:2)の3タイプを一つのネガで撮影できる?管理できるのが特長だったのではないでしょうか。
通常、L版現像にだしているので、3:2のプリント写真です。
しかし、驚くことに、APSフィルム(ネガ)を出してみると、幅の広い、16:9で現像されてた
↓横長でしょ。
apsfilm.jpg

カメラのファインダーはL版サイズで見えていますが、撮影されたネガにはプリントでは見えなかった部分が写っているので、NGな撮影者の手や指が入っていたりするが、周囲にこの人も居たんだってことが分かったりと面白い。

APSフィルムの写真を取り出す目的:
  • インデックスプリントが無くなってしまい、何が撮影されているフィルムか分からなくなってしまった。
  • インデックスプリントもお金がかかるのでもったいない。
  • 他のネガフィルムのように、薄くA4ファイルなんかに保管したい。
    APSフィルムは形が筒状なので、保管しづらい為。


■APSフィルムの取り出し方

取り出す前に、現像済みか確認する。4番マークが白くなっていれば、現像済み。
aps-number.jpg

フィルムの取り出し方。当然、元に戻せます。
how-to-apsfilm.jpg
精密ドライバーなどで、フタを開け、軸を回すことでフィルムが出てきます。
それを引き出せば、中のフィルムを確認できます。
aps-inner1.jpg
中はもっと高性能な感じを期待していたんですが、中身はただフィルムが巻いてあるだけ。
軸を逆回転すればフィルムを収納できます。

既に写真屋さんでデジタル化済みなので、全部分解。aps-bunkai.jpg
ここも参考
http://blog.goo.ne.jp/yosshy_0131/d/20080508

フィルムをハサミでカットして、フィルム入れに入れました。フィルム入れは、写真屋さんの奥さんから無料でもらってきました。
あーすっきり。
film.jpg
注意:APSフィルムは、カットするとしてしまうと、写真屋さん45とか55など、自動化されている店舗では、現像できないそうです。とはいえ手動でフィルムをセットして現像してくれる写真屋さんも沢山あります。


さて、他のネガフィルムも、全てデジタル化を計画中。
最近プリンタにフィルムスキャン機能がついているので、自分でスキャンしようかとも思いましたが、労力を考えると、写真屋さんでデジタル化してもらったほうが断然得。
自分でフィルムスキャンすると、ホコリをいちいち払ったり、明るさを微調整など面倒。



posted by ザパニーズ at 02:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。