2009年06月06日

鳥取県は人口が少ないか。田舎は田舎か?

人口でみると
日本で一番人口の少ない県は?
http://uub.jp/rnk/index.html
正解:鳥取県
  • 鳥取県  :59万5千人
  • 千葉県船橋市  :59万2千人
  • 鹿児島県鹿児島市:60万5千人
県単位でみると鳥取県の人口が最小。船橋市や鹿児島市と変わらない。少ないですなぁ。
県は、住民をある一定エリアでくくったものだ。北海道は大きくくくっているから人口が多い。実は北海道の人口密度は、鳥取県よりも低い。

従って、県単位で単純に人口をみるよりは、人口密度でみるほうが都道府県毎の人口の差異がみえてくるのではないか。
■人口密度でみるランキング
  1. 鹿児島県
  2. 鳥取県
  3. 長野県
  4. 福島県
  5. 宮崎県
  6. 青森県
  7. 山形県
  8. 高知県
  9. 島根県
  10. 秋田県
  11. 岩手県
  12. 北海道
次に、実際私たちが住んでいるのは、各市町村。その市町村の人口で見るとどうなるか。ここでは単純に、人口でみていく。
日本で一番人口の少ない鳥取県。人口の多い市町村は、
  1. 鳥取市
  2. 米子市
  3. 倉吉市
  4. 境港市
2位の米子市は、各地の市町村の人口と比較するとどのような位置でしょう。
  1. 東京都 多摩市 149,691人
  2. 愛知県 小牧市 149,605
  3. 埼玉県 入間市 148,751
  4. 鳥取県 米子市 148,281
  5. 東京都 東村山市 148,06
米子市でも東京都多摩市と同じくらい。
米子市の方、東京都多摩市の方に、田舎だねぇと言われても、言い返してあげてください。
「かわらないじゃない」とか「お互い様」というと良いでしょう。
次に鳥取市
  1. 大阪府 岸和田市 200,176人
  2. 鳥取県鳥取市 199,054
  3. 神奈川県 小田原市 198,698
  4. 三重県 鈴鹿市 198,681
鳥取市は、小田原市と、人口の差はありません。岸和田市とかわらない。
鳥取県の方、「岸和田市って田舎だなぁ」と、いってあげてください。
なんか米子市って小さいとか田舎と思っている方。
自分の住んでいる町は田舎なのではないか、と自信のない地方の方々、特に若い方。
実は都会でも人口はそれほど変わらないんですよ。都会なのに住んでみると米子より田舎な所は多いです。

幻想に惑わされず、論理的に現実を見ていくことが大切です。


追記:市の人口密度順位http://uub.jp/rnk/rnk/rnk.cgi?T=c&S=m
<全国787市中>
  • 217位 境港市
  • 233位 米子市
  • 497位 鳥取市
  • 584位 倉吉市
鳥取市は人口密度が低い。砂丘があるからか?鳥取県西部の米子・境は人口密度が高い。
地域の人々の気持ちの持ち方次第。

追記 2010.09.30
「人口が多くとも、結局、陸の孤島だ。モノが無い」と、twitterで米子市の方が悲観していた。
呆れました。日本の他の地域の実状をみていなから仕方ないですが、米子市は、日本国内では大変物流でも恵まれている地域ですよ。ほんとにいいところなのに。日本はどの地区も素晴らしい特色があります。それに気付いていないことが多い。気付いて生かしているかどうかの違いだけ。米子民だけではなく、他の地域の方にも、自分たちの地域を評価しない人がいますね。勿体ないです。
自分の住んでいる地域が「悪い」「田舎だ」ということを肯定する事実しか受け入れない、そんな盲目な人、地方の方によく出会います。特に若い奴に多い。残念で仕方がないです。若い頃はそういうものなのもわかるけどね。
それに、難しいのも解ります。

彼らの論拠は「自分たちは田舎に住んでいる。だから仕方ない、自分には非がない、この場所が悪いのだ」と他者、外界の責任にしたいだけな気がする。これでは、どんどん疲弊していく。だめ。他の活力ある地域は日本に多くあるが、その地域の方々は、そんな意識はあまり無い。悪い比較はしていないし、気にしていない。はねのけている。
例えば、秋田、青森、高知、北海道、宮崎など南九州。都会ですか?物流が発達していますか?そんなことはない。でも皆さん自分たちの地域に誇りを持っている。
離島の沖縄。物資もない。でも自分たちの土地を愛し、発信しているから熱がある。
日本でもっとも最低賃金が低い沖縄県。でも人々は疲弊していない。
人がいる。人と人がその土地を愛し、自分達の土地に誇りを持つことが、県、地区の活性化に現れている。隣の芝生にあこがれすぎていては、埋没するだけ。もっと他の地域がどんな感覚なのか学んできてほしい。まずは、自分たちが好きになるために自分たちの地区の歴史を学ぶといいと思います。

仕事で全県を回り、元気のある地区に共通する肌感覚は、
「他はそうだけど、自分たちの地域はこれで行く」という自負?気概?が共通点でした。
中国が発展してるから日本ダメ、なんていってるのと同じ。日本は日本。日本の良さを守り、自分たちだけで楽しむ事。そしてアピールする。経済の基本は内需ですし。
しっかりしている地域は自分たちの他と比較しない、流されないモノがある。
若い人たちは自分たちの地域をこれから造っていく楽しさがあるのに、諦めるのはもったいないです。それを怠ってはもったいないです。
ネット社会で物流など殆ど関係ない時代なのに。言い訳をつくらず、自分たちの地区を、自分たちで楽しいモノにすることが一番ですよ。

「今、地域の時代」と
東京など都市部では大々的に語られ始めています。人は都会から地域へ流れ、都市部は衰退しいくという危惧する話まででているんですから。都市部は外国人の巣窟になって危険とも。これからは地域の時代。東京にいる私でも、東京に居る必要性を近頃あまり感じなくなっています。

posted by ザパニーズ at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

全国の都道府県および都市の人口:鳥取県
Excerpt: 鳥取県の人口情報。2005年国勢調査によると、人口は607,012人である。これは全国におけるシェアでいうと0.48%となっている。また2000年から2005年にかけての人口増加率は98.98%となっ..
Weblog: 全国の都道府県の人口
Tracked: 2010-07-27 01:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。